そもそも大人ニキビの原因って何?

大人ニキビの原因としてあげられるのは、ストレス、不規則な生活や睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、などなど。10代のころのニキビとは原因が異なる上に、成人後は生活環境やストレスの内容も違うので、ニキビや肌荒れだけでなく体調にも不調が出やすくなります。
お肌のSOSに目を向け、根本から見直すようにしましょう。

とはいえ、仕事で忙しくストレスや不規則な生活というのもよくありますよね。
ストレスを減らすことはできたとしても全くゼロにするということはできません。

間違ったケアってどんなケア?

大人ニキビの原因がわかったところで、間違ったケアを見ていきましょう。

10代のころはニキビができたときはしっかりと皮脂を落としてきたかもしれませんが、大人ニキビは乾燥でもできてしまうので、必要以上に皮脂を落としてしまうのは歓迎できません。

むしろ、大人ニキビは乾燥が原因になることも多いので、洗顔のあとは化粧水だけではなく、しっかりと保湿をするのがおすすめです。

大人ニキビは食生活の見直しが基本ですから、しっかりチェックしておきましょう。

諦めるのはまだ早い!できてしまったニキビ跡の対処法

いったんできてしまうと治すのがなかなか難しいのがニキビ跡。
このまま放置すると色素沈着を起こしてしまうのではないか・・・と思いつつも、ニキビの名残が残っている肌を見て心配になる人も多いですよね。

ニキビ跡を改善するにはどのような方法があるのでしょうか?


色素沈着になってしまった場合

赤色から紫にかけて色素沈着してしまったニキビ跡、どう考えても治らないだろうと思っている女性も多いでしょう。

しかし、ビタミンC誘導体を含んだスキンケアを続けることで改善を見込める場合があります。
赤ニキビと同じく肌のターンオーバーで解決するケースもあるので、まだ諦めるのは早いです!

シミのようなニキビ跡

シミのようなニキビ跡はまさしく色素沈着、シミと同じと考えたほうが良いでしょう。
ビタミンC誘導体はもちろんのこと、シミに直接アタックする美白成分配合のスキンケアアイテムが必要になります。

美白成分配合のスキンケアアイテムの中で最も有効だと言われているのがハイドロキノンという成分です。
この成分が含有されたスキンケアアイテムを使用するのがおすすめです。

ピーリングをする

ピーリングは肌の再生サイクルを早める作用があります。
そのため、ニキビ跡を早く解決することができると言われております。
角質層をピーリングすることによって、肌のターンオーバーを早めてくれるのです。

しかし、ピーリングは、薬剤を用いて肌表面を剥がすことになりますから、頻繁にやりすぎるとお肌に悪い影響を与えます。
週に2回程度にとどめておきましょう。

お肌への影響が心配な方は、美容皮膚科で相談するのも良いですね。

いったんメイクは中止、スキンケアは最低限

ニキビ多発状態になってしまった場合、メイクはしないように、スキンケア自体も最低限にしましょう。
洗顔も、無添加の素地石鹸で洗うのがオススメです。優しく泡で洗いましょう。

それ以外は断食肌スキンケアとして何もしないのが良いこともあります。
しばらくたつと、徐々に自分の素肌が蘇ってきますから、それまで、洗顔後にカサつく場合はワセリンを薄く延ばすなど、最低限のケアで肌への負担を減らすことが大切です。

以上のように、しつこい大人ニキビに悩まされている方は、スキンケアと食生活の見直しから始めてみて下さい。
案外効果がすぐに実感できるかも…!