夏はニキビの季節!?

夏になると急にニキビが増えてしまう…という方も多いのではないでしょうか。実は夏というのはニキビができやすい季節なんです。

いつもより清潔に気を使っているのにニキビができてしまう、夏だけどうしてもニキビができてしまう…という方の解決方法が見つかるかもしれません。

夏にニキビが増える理由

夏になると暑さで代謝が活発になり、皮脂腺の活動が活発化して皮脂の分泌が増えます。そのため過剰皮脂となり、ニキビの原因になってしまうのです。

反対に、流された皮脂を補うことが出来ずに乾燥してしまう方も、ニキビが増えてしまいます。

また、汗を拭くためにタオルで肌をこすってしまうことによって肌に小さな傷を付けてしまったり、皮脂や潤いも一緒に拭き取ってしまうことでニキビにつながります。

汗を拭かずに長期間肌に残っていると、汗はアルカリ性へと変化し、弱酸性である肌のpHバランスが崩れてしまい、肌トラブルが起こりやすくなるんだとか。

汗によってふやけた皮脂が毛穴や汗腺に詰まってしまうことも、毛穴の黒ずみやニキビの原因になるともいわれています。

お肌が弱い方は水洗顔が効果的

そんな夏に、ニキビのケアをしていてもなかなか治らないという方は水洗顔を試してみてはいかがでしょうか。

ニキビを気にしすぎて洗顔料を使って洗いすぎると肌を保護してくれている必要な皮脂まで落としてしまうため、炎症を起こしやすい状態になってしまうんだとか。

水洗顔は、洗顔料を使って肌を洗うよりも皮脂や汚れを落とす効果は少なくなってしまいますが、肌への刺激が和らぐほか、過剰に皮脂や水分を奪わずに済むとされています。 汗を拭くためにこすってしまい傷が付いた肌への刺激も軽減することができます。

ただし、メイクをした後や外出をした後は水洗顔ではなく、洗顔料を使って汚れを落としましょう。肌に化粧品や汚れが残っているとトラブルを引き起こしてしまいます。

水洗顔の方法

その名の通り、洗顔料や石鹸を使わずに、水だけで顔を洗い流す方法です。

35度前後のぬるま湯で洗顔すると、余分な皮脂は洗い流し、必要な皮脂を肌に残せるとされています。40度を超えると皮脂を取りすぎてしまうとされていますので注意してくださいね。

顔を洗う前に手をしっかり洗うことも忘れないようにしましょう。手に汚れが残っていると、肌にその汚れを付けてしまうかもしれません。

洗顔は、手で肌をこするのではなく、水に顔を付ける感覚です。手や桶に水を溜めて顔を付けるようにして洗います。Tゾーンなど皮脂が多く分泌される箇所は、指の腹や手のひらで軽く拭き取るようにこすって過剰皮脂を落としましょう。

水洗顔後は乾いた柔らかいタオルで軽く水気を拭き取ります。

水洗顔の注意点

上記でも述べた通り、水洗顔は汚れを落とす効果は少なくなってしまいます。顔に化粧品や汚れが残っていると肌トラブルの原因となりますのでメイクをした日や外に出かけた場合は洗顔料を使って洗顔することをおすすめします。水洗顔は朝起きた時や外出しなかった日に取り入れてみましょう。

水洗顔は皮脂を落とす効果も少ないため、脂性肌の方は皮脂が多く顔に残ってしまい、酸化してしまいます。過剰皮脂がニキビの原因の方の場合は皮脂が落とせないとニキビが悪化してしまう事も。

酸化した油分は肌トラブルの原因です。脂性肌の方は水洗顔は取り入れないようにしてくださいね。

また、水洗顔後もしっかりとした保湿を心がけましょう。水だけなので洗顔後も肌に潤いが残っている感じがして保湿を軽くしてしまうと、洗顔で失った潤いを補うことができず、乾燥してしまいニキビの原因となってしまいます。
化粧水、乳液、クリームや美容液などで保湿をしてください。

もしも水洗顔を初めて肌トラブルが悪化するようであれば、洗顔料を使う洗顔に戻してくださいね。肌トラブルが起きているのに続けてしまうと、どんどん悪化してしまう可能性があります。