自宅のお風呂で出来る!バスタイム美容法

ダイエットと言えば、有酸素運動や食事制限など、アウトワークをイメージしてしまいがちですが、自宅のお風呂でのバスタイムにおすすめのダイエット法がございます!


発汗に効果的なバスソルトを使う

バスソルトとは、ラベンダーやハーブ、エッセンシャルオイルなどで香り付けされた塩のことを指し、お風呂に入れて使います。使い方はとても簡単で、浴槽にお湯をはり、バスソルトを適量入れて、20分前後入浴を行うことで、お肌の保湿や発汗効果が期待できます。

お風呂に塩を入れることで、お湯の浸透圧が変化し、体から水分が出ていこうする作用が働くのだそう。そのため発汗が促され、老廃物の排出などのデトックス効果があると言われています。

ゆっくりと疲れを取りつつ、ダイエットも期待できるなんて一石二鳥ですよね!バスソルトを利用して、自宅のバスタイムに少し変化を加えてみるのもおすすめです。

ダイエット&美肌効果を高める温泉の入り方

自宅のお風呂もいいけど、たまには広くて効能の高い“温泉”につかりたくなりますよね!

ただつかるだけでもお肌がしっとりした感じや、疲れが取れた気持ちになるかと思いますが、美肌に効果的な温泉の入り方があるってご存知でしたでしょうか?

入浴前のカロリー摂取&水分補給が大切

美肌作用のある湯に入る時には、少しでも長くつかっていたい!と言う気持ちが働き、のぼせてしまうまで我慢してつかってしまう方も多いかと思います。

長時間温泉につかっていると、急激に体力を消耗してしまい、脱水症状になってしまう場合もあるので、事前におにぎりなどの軽食を食べて、水分をしっかり補給しておくのがおすすめです。


最初は半身浴から入りましょう

まずは、温泉に半身浴でつかり体を慣らすのが良いと言われています。いきなり全身浴をするよりも、体に負担をかけずに済むのだとか。

また、景色の良い露天風呂から先に入りたいと思う方も多いかと思いますが、身体が冷えてしまう可能性もあるため、内風呂で温まってから露天風呂に入ると良いでしょう!

かけ湯をすること!

美肌の湯と言っても、湯につかった後に、シャワーで頭や体を洗ってしまうと、効果が薄れてしまう可能性がありますよね。美肌効果を持続させるためには、温泉の湯をあがる際に、軽くかけ湯をするのがおすすめです。そして温泉から上がって10分以内に保湿をすると、温泉で得られた作用を閉じ込めることが期待できます。

美肌の湯以外でもこのような入り方は推奨されています。まずは半身浴、温度の低いところから入っていくことが負担にならずに良いと言われています。日本の温泉は、お肌すべすべ効果が期待できる泉質が多いですから、保湿クリームを脱衣所に持ち込み、湯上りにしっかりケアすることも必要となってきます。

サウナの時代がやってきた

サウナに入ったことが無いという人のほうが珍しい時代ですよね!サウナは美肌、デトックスに最適、ダイエットにも効果が期待できるとされています。これを機会にサウナの入り方を覚えましょう。

まずはお湯で体を温める

まずは温泉に来たのであれば、お風呂を楽しむことから始めましょう。お湯で体を芯から温め、体からほかほかと蒸気が昇る登る程度まで温まるのがおすすめです。冬場は夏よりも長めにお湯につかっておくと良いですね。

美肌はスチームサウナで

美肌が作られるのは、ドライサウナではなくスチームサウナであると言われています。低めの温度設定のため、初心者でもチャレンジしやすいサウナです。湿度は100%に近く、体に負担は優しく、ゆっくり汗が出てくるのが特徴です。

皮脂線からもしっかり汗が出てくるので、デトックス効果を期待できます。さらに、汗をかくことで老廃物が排出され、ニキビ予防にも効果的ではないでしょうか。大人ニキビなどで悩んでいる女性もスチームサウナに通い始めてお肌が改善されてきた…なんて話も聞こえてきます。


サウナに入っている時間は?

サウナは長時間入ると体に負担がかかってしまうので、5分から10分を目安に入ったり出たりを繰り返すのが良いとされています。

サウナを出たときには水風呂につかることで、きゅっと毛穴が引き締まる感じがします。サウナに入っていると首や肩こりなどを改善に導けますし、老廃物を汗と共に流すことができますからデトックス効果も期待できるのはないでしょうか。

発汗により、体に溜まった老廃物を排出してくれますから、美肌になりたい、近づきたい女性はサウナも1つの手段としてチャレンジしてみるのもよいでしょう。