まずはラインアップの見直しから

冬になると乾燥するなあ…とは思いながら基礎化粧品は夏のままなんて人、いませんか?

季節が変わったら洗顔フォームから乳液まで、お肌の状態に合わせて基礎化粧品のラインアップを変えるのがおすすめです。

特に冬の保湿は「洗顔」から徹底することで違いが現れます。
うるおいを残しつつも汚れはしっかりと落としてくれるアイテムで、スタートラインの水分量を上げておきたいですね。

メイク落としも同様に、さっぱりとした使用感のジェルタイプから、クリームタイプに変えるなど季節の変化に合わせてシフトすると肌の質感が変わりますよ。


化粧水はたっぷりと!

保湿の基本は何といっても化粧水にあります。
高級な化粧品ではなくても、たっぷりと手、またはコットンに取って、お肌の隅々まで行きわたらせましょう。

乾燥しやすい頬や口回りは特に丁寧に馴染ませます。
細かな目じりも忘れずに丁寧に保湿しましょう。

コットンに取りだした場合は、顔に3分程置いてコットンパックをしても良いですね。
コットンパックをした後はお肌がひんやりと水分を吸い込んで、しっとりとしたお肌に近づくことができます。

保水力のカギは蓋の仕方

化粧水で補った水分量をいかに持続させるかはその後のケアにかかっていると言っても過言ではありません。

化粧水で一時的に膨らんだ肌は、水分が逃げやすい状態と言われていますので、乳液やクリームを使ってお肌に薄い膜を張ってあげましょう。

クリームなどで保護されたお肌は水分を保ち、外部からの刺激にも強い肌を作ってくれます。クリームでは物足りない人はオイルを足すのもおすすめです。

自分のお肌に合ったアイテムを見つけましょう。

「粉ふき肌」の原因

寒さや乾燥などによって肌細胞がダメージを受けると、今まで通りの正常な角層づくりが行われなくなります。

その結果、角層に亀裂が入ってしまい肌の角質層が剥がれおちる「粉ふき肌」を引き起こしてしまう場合があります。

エアコンや暖房器具の長時間使用による空気乾燥などの“外的要因”や、栄養の偏りなどの“内的要因”など理由は様々ですが、ボディクリームや化粧水などの保湿で改善がみられないようであれば、内的要因を疑うのがよいとされています。


お風呂上りに要注意!

入浴・洗顔後はすぐに肌の水分は逃げていきます。
保湿はお風呂上りや洗顔後、なるべく早く行うようにしましょう。

また、入浴をした後にきちんと水分を拭き取らないでいると、角層の水分が減少し、皮膚の乾きが加速する恐れがあります。

入浴後はできるだけ早く、肌あたりの良いタオルでやさしく水分を取りましょう。
こすらずに軽く押し当てるように拭くと肌へのダメージが軽減されるためおすすめです。

肌を柔らかくしよう

「粉ふき肌」は剥がれ落ちきらなかった“角質”が原因と言われています。

肌を柔らかくして角質を剥がれやすくしてあげることが大切です。
保湿用のクリームを塗った上から、蒸しタオルで保湿をしてあげると効果◎です。

もう一つ重要なのが“洗顔後のケア”です。
「粉ふき」が出ているということはかなり乾燥が進んでいる状態といえますので、洗顔後のケアはスピード勝負!

入浴中に洗顔をする場合は、お風呂場に化粧水などを持ち込んでおき、洗顔終了と共にケアをしてあげると肌の乾燥が防げるのでおすすめです。
でもその際には、お風呂から上がってもケアすることがポイントです。

冬の紫外線対策も忘れずに!

夏は、紫外線対策として皆さんがUVケアを念入りに行いますよね。
しかし夏だけでなく、冬にも紫外線対策が必要だと知っていましたか?
夏と同レベル、もしくはそれ以上に対策すべき理由があります。

冬は知ってのとおり、空気がとても乾燥しています。
そこで、肌も潤いをなくして乾燥肌になる方も多いですよね。

乾燥の季節である冬は、肌のバリア機能が低下している中で紫外線を浴びてしまうため、お肌にダメージを受けやすいということになるのです。
紫外線により、肌がさらに乾燥してしまうというケースもあるようです。


夏の1分が冬の5分

恐ろしい話ですが、紫外線を浴びる量は、夏の1分=冬の5分と同じレベルとも言われています。

冬はそれほど日射しが強くなく、紫外線が注いでいないし、UVケアもそれほどしなくてもいいのでは?と思っている方も多いのですが、実は夏より紫外線を浴びている時間が長い可能性もあります。

冬はUVケアをないがしろにしがちですから、ついうっかり日焼けしてしまうなんてことも…。

冬の紫外線を浴びる量はどれくらい?

冬に紫外線を浴びる量はどれくらいになるのでしょうか?

日焼けして黒くなったり、シミになる紫外線は、夏場の3分の1程度と言われています。
しかし冬にUVケアに力を入れている女性は少なく、知らない間にシミやシワ予備軍を作っている可能性があります。

冬場でもしっかりとした紫外線対策を行って、お肌の状態をケアしてあげたいですね。

いかがでしたか?
毎年冬になると発生する乾燥肌ですが、原因と対策を知っておくと事前に予防できそうですね。

これから乾燥する季節になりますが、しっかり「保湿」と「紫外線」に気をつけて肌ケアを行ってみましょう!