ニキビのできる場所でわかる毒素のありか

ニキビは体内の毒素を現しているとも言われています。できた場所によって、体のどこかが弱っている、ダメージを受けているというものです。
鼻にできるニキビは、腎臓に毒素がたまっていると言われ、頬は肝臓、口周りは胃腸で、眉間が肝機能と言われています。
ニキビができやすい場所を把握することで、身体から発せられているサインに気づくことができるかもしれません。


食生活の見直しが大切

女性の場合だと、ホルモンバランスが乱れることによってニキビができる可能性が高いと言われています。
ライフスタイルの乱れがホルモンバランスを乱している確率が高いため、まずは食生活を見直す必要があります。

脂っこいものを全部カットするの?

ニキビは皮脂分泌が盛んになることで出来やすくなると言われています。では、ニキビを治すためには脂っこいものを全部カットすればいいの?と思われがちですが、全く食べないというのは逆によくありません。あくまでも食べすぎは良くないということになります。
例えば、週の半分以上を肉ばかり食べているのを、週2日程度に減らすなど、少しづつ調節して、お肌の状態にベストな量を探っていくのが良いでしょう。

ビタミンAやビタミンB群が適切

肌の代謝アップ、免疫力アップに適していると言われるビタミンAは積極的に摂りたいですよね。レバーや人参、うずらの卵などに入っています。ビタミンB群は脂肪の燃焼を促すと言われていますから、脂質と一緒に摂ることで良い結果を出してくれます。レバーやチーズ、納豆などがあります。
とくに納豆は、ホルモンバランスの乱れにも効果的と言われており、大豆に含まれるイソフラボンは、化学構造がエストロゲンに似ているため、植物性物エストロゲンと呼ばれることもあるのだそう。納豆は女性ホルモンと似た作用を持つ大豆イソフラボンを手軽に摂取することができるのでおすすめです。
その他、コラーゲンや亜鉛など、肌の再生能力や潤いを助けると言われる食べ物をバランスよく食べることにより、大人ニキビがなかなか治らなかったのが、解決に向かう可能性があります。
大人ニキビは食生活の見直しが基本ですから、しっかりチェックしておきましょう。


どうやってライフスタイルを変えるか?

ニキビができない環境の肌に近づくためには適切なライフスタイルが重要です。つまり、睡眠、食事、運動です。この3つがきちんと揃っていればニキビができにくくなるのだとか。
最近の女性や若者はあまり歩かなくなったと言われていますが、確かに自転車や車、タクシーや電車などが主な移動手段となり、歩かない生活をしてしまいがちですよね。
1日のカロリー消費が乏しいのに、ジャンクフードなど脂っこいものを好んで食べたり、夜更かししてスマホやゲームをしていませんか?このような生活習慣では、ニキビができやすい環境を自ら作っているようなものです。基礎的な、早寝早起き・健康的な食生活・適度な運動を意識して行動していくことが大切です。


最低限のメイクで肌への負担を軽減

ニキビができやすい状態であると分かったら、メイクは最低限に抑えておくのが良いとされています。メイクの詰まりはニキビの原因となりますから、肌に負担のないニキビ対策用のメイクを選ぶことも有効です。
またメイクに使うスポンジやブラシも清潔なものを使用するようにしましょう。帰宅後は丁寧に洗顔して、メイクをオフすることも大切です。
ニキビがおさまってから、きっちりメイクを楽しむようにしましょう。


断食ニキビケアもおすすめ

断食ニキビケアとは…

オイリー肌や混合肌などでニキビが多発している状態がずっと続いているときに覚えておきたいスキンケア方法の一つです。
肌断食とも呼ばれ、化粧水や乳液など普段のスキンケアを少し軽くして洗いすぎないスキンケア法です。
断食ニキビケアはズボラさんにこそメリットの大きなニキビケア法と言われています。

いったんメイクは中止、スキンケアは最低限

ニキビは肌が弱っている証拠でもありますから、あえて最低限のスキンケアでお肌を休ませてあげること大切と言われています。化学物質を使っている化粧水などを使いすぎるとよけいに悪化してしまった…なんてことも。
ニキビ多発状態になってしまった場合、メイクはしないように、スキンケア自体も最低限に行うとよいでしょう。洗顔も、無添加の素地石鹸で洗うのがオススメです。優しく泡で包み込んであげるように洗いましょう。
洗顔後にカサつく場合はワセリンを薄く延ばすなど、最低限のケアで肌への負担を減らすことが大切です。断食肌スキンケアとして、それ以外何もしないのが良いとされています。
食生活、睡眠、肌に触れるものなど、健康なお肌に近づくためのポイントをいくつかご紹介しました。これら全てを一気に改善するのは難しいかもしれませんが、1つずつクリアして、大人ニキビの悩みにサヨナラしましょう。

ニキビケアでおすすめの商品はこちら