油取り紙注意報

顔のテカりが気になりだし、油取り紙を活用している、という人はいませんか?

30歳をすぎると、油取り紙は油分を取りすぎてしまうこともあるのだそう。
表面は油分で潤っているように見えて、肌の内側が乾燥しているインナードライになりやすいのが30代の特徴です。

 不足した油分を補うために、余計に皮脂分泌が増える原因になる可能性もあるため、使い過ぎは控えるようにした方が良いでしょう。

朝の洗顔はぬるま湯洗顔のみ

乾燥肌の場合、朝はぬるま湯で洗顔するだけというのも良いでしょう。
ぬるま湯だけで顔の汚れは落ちるの?と思っている人も多いでしょうが、寝ている間につく汚れは多くはありません。

手で優しくクルクルとするだけで角質は落ちると言われており、ぬるま湯なので油分も適度に落ちてくれるためおすすめです。

わざわざ洗顔料を泡立て、しっかりと洗顔をする必要は年齢とともに無くなってきます。
肌の乾燥が強い方は特に、余分な油分を洗い流してしまわないようにぬるま湯洗顔がおすすめされます。

ただし、花粉やほこりやダニ、ハウスダストのアレルギーがある方は朝も洗顔料を使用して洗顔し、肌に汚れが残らないようにしましょう。

角栓が気になる方も、洗顔料を使用したほうが毛穴の汚れや余分な油分を洗い流すことができるため、洗顔料の使用がおすすめです。

スキンケアの順番を間違えていない?

美肌を目指すには、スキンケアの順番はしっかり覚えておくのが良いでしょう。
 まずは、化粧水でしっかりと肌に水分を与えて、その後に美容液で有効成分を肌に届けるようにしましょう。

その後のアイクリームで目元の乾燥を補い、乳液やクリームで肌にふたをするのがおすすめです。
保湿した後に乳液やクリームでふたをすることで、補った潤いを逃さないようにすることができます。

※商品によって推奨されている順番は異なります。
順番が決められている場合は決まった順番で使用しないと効果が現れにくくなってしまいますので、よくチェックしてから使いましょう。

また、スキンケアアイテムはしっかり選ぶことが重要です。
自分の肌質、気になっている肌悩み、なりたい肌などによって適しているスキンケアアイテムは異なります。

ブランドだから、口コミで良いと聞いたから、で選ばずに、自分の肌や目的に合ったものを選ぶことこそ美肌への近道となります。

古い角質除去成分があること

毛穴の黒ずみを除去するためには、角質クリア成分を含有している洗顔料や化粧水を使用すると良いと言われています。
保湿成分がたっぷり入っているかどうかも重視しておきたいですね。

ふき取りタイプの毛穴をケアする化粧水は、さっぱりとした質感のものが多いですが、保湿をしっかりしていなければふっくらとした肌になってくれませんから、保湿成分をしっかり配合した化粧水を併用して使うのがおすすめです。

角質が厚くなる原因は保湿が足りず、余分な皮脂が分泌されていることによる場合もあります。
保湿が必要なのか、油分の除去が必要なのか、見極めて使用しましょう。

ナチュラルな化粧水を選ぶ

肌コンディションが弱っている場合、マイルドな化粧水が肌に良いかもしれません。
美白や肌悩みに有効な成分が配合されているスキンケアアイテムを使いたくなりますが、肌の調子によっては過剰な栄養となってしまうことも。

あまりさまざまな成分が配合されたスキンケアアイテムより、ナチュラルなスキンケアアイテムによって肌悩みが改善することもあるかもしれません。
保湿重視のアイテムだとなお良いでしょう。

無添加化粧品など、防腐剤や着色料が含まれていないもの、オーガニックコスメと呼ばれる有機栽培によって栽培された植物を成分として作製されたものなどもありますね。

角層に潤いを与えてくれるか

美肌にとって最も大切なのは、肌質に合っているスキンケアアイテムを続けるということです。
そのためには肌の内部までしっかり浸透するスキンケアアイテムを選ぶ必要があります。

リーズナブルなものから高額なものまで、さまざまな種類のスキンケアアイテムが販売されていますので、自分の肌にあったものが1つは見つかるでしょう。

 数日では効果は現れませんので、まずは化粧水1本、クリーム1つ、使い切るまで試してみるのがおすすめです。
継続することも美肌に大切な要素となります。

 いくつも使っても肌が改善しない、という場合は、ご自身が感じている肌質と実際の肌質が異なるのかも。
肌質チェックを受けてみることで、自分の肌に合ったスキンケアアイテムが見つかるかもしれません。

スキンケア方法は、手順をしっかり守ることが大切となります。
順番通りにスキンケアするだけでも効果はしっかり現れると言われているほどですので、皆さんもぜひ試してみてください。