大事なのはベース作り!

まず、ベースは素肌感を出すことがポイントです!さらに、ベースを重ねずに厚塗り感を出さないことが重要です。ベースは、UVカットの下地ですっきり抑えたいですね。

透明感を出すために、下地はパール入りがおすすめです。パール入りの効果により、光をより反射しやすくすることでツヤ感のある肌にみせることができます。

また、くすみをカバーしてくれる作用もありますから、下地を選ぶ場合はパール入りがオススメです。下地もむらなく薄く塗るのが基本です。下地はヨレないように薄く、しっかり塗りましょう。

また、にきびや吹出物はコンシーラーでキレイに隠します。その後、ハイライトを少しだけ入れて、艶っぽさを出すとよりすっぴんに近いメイクに近づいていきます。

 

ファンデは塗らない方がいい?


基本的にすっぴん風メイクはノーファンデが好ましいと言われていますが、もともと綺麗な素肌でいるためには、普段の食生活や美容法の見直しから行うことも大切でしょう。

毎日忙しく働く女性にとっては、すぐに生活スタイルを変えるのはなかなか難しいですよね…ベースだけでは“肌荒れ”や“毛穴”が目立ってしまうという方は、パウダーファンデを使ってあげてもOKです。

 パウダーファンデは、塗るというより、ぽんぽんと叩き込むようにつけていくのがポイントです。軽く滑らせるように肌に「乗せる」のもオススメです。この時にやってはいけないのが、こすりつける、ということです。

こすってつけてしまうと下地の効果が減少してしまったり、厚塗り感が出てしまう可能性があります。あくまで優しくふんわりつけるのがポイント!顔の半分でスポンジ半分程度のファンデーションが目安の量となります。


ハイライトで立体感と透明感を出す

ハイライトは透明感を出すアイテムとして役立ちます。ハイライトはTゾーンからこめかみ、目の周囲に大きめのブラシでつけます。

ハイライトは強すぎてしまうと、逆にメイクが濃い印象を与えてしまうので要注意です。強調しない程度にしっかりつけることが透明感を出すポイントです。ハイライトに使用するパウダーも、ラメ入りだと失敗が少ないので、初心者はラメ入りハイライトから試してみましょう。

 

眉は太眉が基本!

すっぴん風メイクにおいて、眉は太眉が基本となります。ただし、太すぎてもダメです。素の眉毛を活かして、アイブロウで少し形を整える程度の自然な眉が理想的となります。

眉毛の形が上手く整えられないという方は、一度眉毛専門サロンに行くのもおすすめです。眉毛を書くことに苦手意識を持っている女性は多いかと思いますが、眉毛専門サロンはプロの手で、眉毛を整えてくれます。また、お手入れ方法なども教えてもらうことができますので、一度体験して自分に適した眉を知ってから、その後のお手入れは自分で行うという方も多くいらっしゃるようです。

 

目元は盛りすぎ注意!


アイシャドウやチークは軽くつけるのがポイントとなります。いかにもすっぴんという素肌感を演出することが大切になります。ベースメイクが主となりますから、ベースの透明感を引き立たせるような引き算メイクを心がけましょう。

また、すっぴん風メイクは、ナチュラルさがポイントとなるため、まつ毛にはマスカラを使わず、ビューラーだけで済ませてあげるのがよいでしょう。ホットビューラーなどでクセ付けすると、持ちが良くなるため、使ってみるのも良いと思います。

 チークは練りチークを使って、指先でぽんぽんと血色よく見えるくらいに乗せるだけでOK!リップはグロスをつけるよりリップバームがよりナチュラル感を演出できます。こちらも指先で唇の中心からつけていきましょう。

すっぴん風メイクのポイントを抑えると、あなたも素肌美人に近づくことができるかも!いきなりすっぴん風メイクに挑戦するのは怖い…似合わないかも…という方は、徐々にメイクアイテムを抜いて、素肌感を出していくのが良いかもしれません。