最初に変えるべきは食生活


インナーケアを考えたことがありますか?スキンケアで一生懸命頑張っても、インナーケアがずぼらでは内側からにじみ出るような美肌は目指せません!

インナーケアを始めるためにまず変えたいのは食生活です。食生活は肌にすぐに現れますから、バランスの良い食事をメインに、甘いものや脂っこいものは控えた方がよいと言われています。

その代わり、ビタミンやミネラルたっぷりのフルーツや野菜をたくさん食べるようにします。また、レバーやゴマ、ナッツ類や豚肉、玄米など、ビタミンが豊富に含まれる食材を選んで摂取するのもおすすめです。しかし、栄養が偏りすぎてもいけませんから、たんぱく質もしっかり摂るのが良いとされています。鶏肉や豆腐、ゆで卵などはおすすめです。

肌に潤いを与えてくれる食材を積極的に食べて、美肌美人を目指しましょう。

 

基本は薄化粧で肌に負担をかけない

すっぴんがきれいな人ほど、普段のお化粧はナチュラルにしていることが多いです。お肌がきれいだから厚塗りしなくても良い、と言う事もあるかも知れませんが、多くの場合は肌への負担を考えてのことです。

1日の中で、肌がお化粧に覆われている時間は意外と長いものです!薄化粧を習慣化することで、肌への負担を少しでも軽減しましょう。

 

メイクでふんわり肌を作るには?

ふんわり美肌をより際立たせるためには、素材を活かしたメイクが重要となります。メイクでふんわり肌を作るのに最も大切なのは、ベースのパウダーです。

ベースメイクとしてコントロールカラーをしっかり伸ばし、その後くすみなどをコンシーラーで隠します。その後、パウダリーファンデーションをブラシにとって、ブラシで優しく撫でるようにファンデーションを付けていきましょう。ブラシの使い方が重要となります。

ベースメイクでふんわり肌になったら、後はアイメイクですが、アイメイクもきつくならないブラウン系でまとめるとふんわりした感じが出るでしょう。


メイクの落とし残しは厳禁! おうちに帰ったらオフする


すっぴんがきれいな人は、メイクオフをしっかりやっています。モデルさんによっては撮影が終了次第、すぐにお化粧を落とす人もいるほどだとか…!

メイクを落とさないまま寝ちゃうなんてもってのほか!すっぴんがきれいになりたいなら、メイク落としはしっかり行うことをおすすめします。ズボラ女子は今日で卒業して、おうちに帰ったらすぐにクレンジング&洗顔を行う習慣を付けましょう!

 

洗顔はオフとオンの日を分ける

洗顔はオンの日とオフの日を見分けながら行うと良いでしょう。

それほど皮脂が浮いていないのに、洗浄力の強い石鹸で洗顔するのは、乾燥をまねく恐れがあるため逆効果です。 

おすすめの洗顔法は、たっぷりの泡でTゾーンはしっかり洗い、目元は最後に軽く馴染ませ、たっぷりのぬるま湯ですすぐという方法です。また、肌が元気そうで、皮脂量もちょうどよい日であれば、ぬるま湯洗顔だけでもOKとも言われています。

乾燥気味の肌なら洗顔は1日1度など、日によって肌質も変わりますから、それを見分けた洗顔パターンをいくつか持っておくと良いでしょう。

 

新陳代謝をアップさせよう

新陳代謝を高めると、肌細胞が生まれ変わるサイクルが整い、肌の健康を保つことができると言われております。

適度な運動を取り入れ、新陳代謝をアップさせましょう。運動、入浴など血流アップの方法がおすすめです。特に、素肌がきれいな人は、ゆっくりとお風呂に浸かるタイプの人が多いようです。

美人はお風呂で作られるとよく言いますが、ゆったりと半身浴したりして毛穴を開いたり、リラックスすることがおすすめです。また、バスソルトなどを使うと血行が促進され、汗もしっかりかきますから、さらに代謝アップを目指すことができます。

 

たっぷり睡眠をとる


眠りについてから3~4時間後は、成長ホルモンが多く分泌されると言われています。その時間帯はお肌が生まれ変わって、内側で新しい肌が作られる時間帯となります。

素肌のきれいな人は、良質な睡眠を取るように心掛けているというお話はよく耳にしますが、睡眠はお肌のインナーケアでもあるのですね。

すっぴん・素肌がきれいな人の習慣に共通していることは、肌への負担を極力控えるということです!それがふんわり美肌に生まれ変わる力をサポートしているんですね。特別な事は無いので、今日からでも美肌自慢ができるように取り組んでみましょう!