歯周病からはじまる!?さらに怖い病気

  • LINEで送る

歯周病と言えば、人類が最もなりやすい病気としてギネスブックにも登録されているそうだ。そんな歯周病だが、多くの人は歯茎の病気や歯が抜ける病気であるとイメージを持っているのかもしれない 。

しかしながら、歯周病はとても怖い病気である 。

そもそも歯周病って?

歯周病とは歯の周りにある歯茎や歯を支える骨などの歯周組織に起こる病気である。
細菌によって引き起こされる感染症の1種であり、口の中の歯垢(プラーク)により繁殖した歯周病菌が炎症を引き起こす。炎症が慢性的になると歯周組織が知らぬ間に破壊されて、最終的には歯が抜けてしまう。

歯周病がもたらすその他の疾患について

歯周病はこれまで口の中だけの病気だと考えられていた。
しかし、近年の研究で、全身にも影響を与えることが報告されている。
代表的なものとして例を挙げると、心疾患がある。
心疾患とは高血圧や動脈硬化といったいわゆる生活習慣病が引き起こす疾患の1つなのだが、歯周病である人は心疾患を起こしやすい傾向にあるとの報告がされている。これは歯周病や虫歯を引き起こす菌などが血液にのり、心臓に棲みつき心臓の血管にも影響を及ぼすと考えられているためだ。
つまり、歯周病が重篤になればなるほど、心疾患のリスクが高まることが考えられる。

他の病気の合併症から歯周病が引き起こされる場合もある。
一番分かりやすい例は糖尿病だ。糖尿病とは血糖を下げるホルモンであるインスリンが不足したり、上手く機能しなくなることで、高血糖と呼ばれる状態が続く疾患のことをいう。実は、歯周病も糖尿病の合併症と考えられている。
糖尿病に罹患(りかん)している人は、血液がドロドロであるため免疫細胞が歯周組織に届きにくいことに加え、免疫細胞が上手く機能しなくなるため、歯周病になるリスクが高くなる。そのため、糖尿病の人は歯周病になるリスクも高く、歯周病であれば一気に進行しやすい。歯周病の治療を受けることにより、糖尿病関連の検査数値(HbA1cや血糖値)が改善されることが研究論文で報告されている。

糖尿病を悪くしないために歯周病の治療を行うことは非常に重要である。最近では、糖尿病と歯周病が密接に関連していることを糖尿病内科の医師も理解しており、医科歯科連携が円滑になってきている。 歯周病のある糖尿病患者は食事・運動療法や血糖値を抑える薬を服用する薬物療法のみではなく、歯科医院に定期的に通院することも非常に大切であることを認識してもらえれば、と思う 。

監修歯科医師

歯科医師:古川 雄亮 先生

歯科医師:古川 雄亮 先生

国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事。

歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加
2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。
[参照URL] https://www.nature.com/articles/s41598-019-51077-0

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『歯医者さんネット』を使ってみてください。

 

歯医者さんネット

 

『歯医者さんネット』は 全国6万件以上の歯科医院を検索できる日本最大級の歯科総合情報サイトです。

歯科医院の検索だけでなく、親御さんに向けた子供の歯科に関する「こどものオーラルケア」や生活で役に立つ「歯のお役立ち情報コラム」などの記事もご用意しております。


お悩みを相談が出来る歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。