大切なのは目標をはっきり決めてから行うこと

まず初めに、ダイエットの目標を決めましょう。単純に痩せたいだけでは物足りません。
①いつまでに、②何キロ痩せるか、きちんとした目標を決めてから始めることが大切です。最初は無理のない数字から始めるのがよいでしょう。ちょっと頑張れば何とかなるかな?くらいの数字を目標に決めるのがポイントです。


主食はご飯にしましょう

主食は米を食べるのが良いとされています。パンや麺類は消化が早く、腹持ちが短いため、思っている以上に太りやすい食材なんだそう。主食はパンや麺類ではなく、お米に置き換えることを意識するのが良いでしょう。
そして選ぶのは玄米など雑穀米がさらにおすすめです。食べ過ぎ防止のため、お粥などにして工夫をするのも良いですね。お腹いっぱい食べたいという人はお粥を作って、3食お粥にしても良いですね。

食べる順番を決める

食べる順番は、食物繊維(野菜)、汁物、タンパク質(肉、魚)、炭水化物が良いと言われています。
食べ始めは野菜から。どうしてもメインから食べたい気持ちは分かりますが、絶対痩せると決めたのならば、食べる順番も意識したいところです。野菜、その後スープや味噌汁など、それからタンパク質であるメインを食べて、ご飯などは一番最後に食べます。ある程度満腹になっているでしょうから、ご飯は少しで済む場合もありますのでおすすめです。炭水化物を少量に抑えることで、その分カロリーが抑えられるのでダイエット作用もアップします。
しかしながら、ダイエットは健康のために行うものということを忘れてはいけません!カロリーを抑えるために全く食べないダイエットは身体の不調にもつながりやすくなります。きちんとご飯は食べつつ、食べる順番や食材に工夫をしたダイエットをおすすめします。


歯みがきしながらバレリーナ

歯みがき時間を利用して出来るダイエット法もあります。
左足に体重を乗せ、右膝を伸ばしたままゆっくり後ろに引き上げます。これを繰り返します。右足は床にはつけません。手すりがあれば、そこにつかまって行うと負荷が軽くなります。歯みがきは、自宅で毎日最低2回は行っていますから、最低2回はこのエクササイズができますね。

ネットやテレビを見ながらドローイン

ネットやテレビを見ながら行えるダイエット法と言えば、ドローインダイエットが代表的です。
①背筋を正して座り、胸を張ったらフーと息を吐きながらお腹をできる限りひっこめます。
②吐ききってもぺたんこのお腹の状態をしばらくキープします。
③その後、その状態を保ちながら呼吸を開始することで、腹筋を鍛えることができます。


お腹を凹ませるだけでいいの?

ドローインダイエットは、お腹を背中にくっつけるように思い切り凹ませるだけ、というダイエット法です。しかしこの動きが、普段使われていない体の内部の筋肉であるインナーマッスルを刺激し、体の内側を鍛えることが出来ると言われており、基礎代謝がアップし、痩せ体質になるのだとか。

腹横筋が鍛えられることでお腹周りがスッキリ

ドローインダイエットは、ドローインすることにより、腹横筋を鍛えることが出来ます。便秘解消、腰痛予防など、様々な作用を得られると言われており、基礎代謝がアップすることで自然と消費カロリーも大きくなるので、お腹周りのダイエットにおすすめです。

何かしながら出来る「ながら運動」

歩きながら、仕事をしながらでも、ドローインは行うことが出来ます。通勤時、歩いている途中にお腹を凹ませ、フーッとはく、を繰り返しているだけで、ウォーキングの作用をもたらすことになります。
ドローインは、他人に気づかれずに行いやすい運動のため、仕事の合間で、ファックスをとっているとき、コピーをとっている間、長くて退屈な会議中などを見計らってドローインをすることで消費カロリーを増やすことができます。
呼吸を使う運動のため、目覚ましにもなりますし、肩こり改善も見込めるため、ドローインをまだしたことがないという方は、隙間時間で是非実行してみて下さい。

上記でご紹介したように、1日の隙間時間を使ってできるダイエットって意外とあるんです。めんどくさがりで1秒でも無駄なことがしたくないという方は、出来ることから少しずつやってみましょう。

ダイエットでおすすめのサプリメントはこちら