おすすめの夜食とは


「食べる味噌汁」

味噌は消化がよく、夜食にしてはぴったりだと言われています。具沢山にすることで満腹感を得られますし、見た目も豪華に感じられますよね。なめこなどきのこ類、豆腐なども良いですね。ボリュームが欲しければジャガイモを入れると良いでしょう。

「豆腐茶漬け、春雨ヌードル」

ご飯のお粥よりも豆腐を使ったお茶漬けのほうがローカロリーです。しかも木綿豆腐を使えば食べ応えもあり、満腹感もあると思います。さらに春雨ヌードルは市販もされていますが、それでもOK。春雨は低カロリーなので積極的に食事に取り入れるようにしましょう。基本的に夜食は温かいものがベストです。そして少量でも満腹感を得られるように、時間をかけてゆっくり食べることがよしとされています。

「豆腐やおからで作ったクッキー」

もし甘いものが欲しくなった夜にはおから、豆腐などで作ったクッキーもおすすめです。食べ過ぎには注意が必要ですが、数枚程度なら許容範囲内であるとみてよいでしょう。

豆腐は低カロリーで、水分が多いので間食で食べたら少量でも満腹感を得やすいとされています。さらに大豆の「イソフラボン」という成分は女性ホルモンに似た作用をするとのことで、美容的にも良いと言われていますから、是非ダイエット中でもとりいれていきましょう。

ローカロリーのおやつが役に立つ


ダイエット中に「おやつは厳禁!」とよく耳にしますよね。

間食することでカロリーが高くなり、痩せられないと思っている女性も多いはずです。
しかし間食はダイエットを成功するための手段の1つになれるかも知れません。
過度にカロリーの高いおやつを多く取るのは当然太る原因になります。ただ、「甘いものが食べたい。」とか「気分転換に少し食べたい。」といった感情を無理に抑えることは、ストレスがたまる可能性があります。無理なストレスをためることなくダイエットを続けるためにも適度な間食はとった方がいいとされています。

おやつの目安は、ダイエット目的なら間食は100kcal程度に抑えることをオススメします。どうしても空腹が辛い時に食べられる間食はなにがあるでしょうか。

小腹が空いた時に簡単に手に入れる「間食OK」な低カロリーなおやつは何があるでしょうか?コンビニでも手軽に買える低カロリーなおやつでストレスなくダイエットを成功させましょう!

「お手軽なのは、飲むゼリー」

夜中の低カロリーおやつとしてお手軽なのは、どこのコンビニでも置いてある「飲むゼリー」が良いと思います。こんにゃくゼリーならなおさらよいでしょう。小腹も満腹感で満たされますし、甘いものを食べたという満足感もあります。ローカロリーなのに栄養素が豊富だとされている点もダイエットにオススメな間食です。

「チョコレート」

チョコレートの成分の1つ、カカオポリフェノールには全身の血流促進作用があるとされ、代謝アップが期待できます。 ですからできればカカオ70%以上のチョコレートを食べることで代謝アップを促すことをおすすめします。

特に夕ご飯を食べる前にチョコをひとかけら食べる、という方法もあるようですね。

「ゼロキロカロリーゼリー」

またコンビニでもよく販売されていて、ブームなのがゼロキロカロリーのゼリーです。ダイエッターの定番として、かなりローカロリーなのに満腹感が得られるそうですね。

ナタデココやフルーツも入っており、本格的なゼリーなんですよ。ダイエット中は何故か甘いものがほしくなるもの。

そんな時はコンビニおやつでもローカロリーなものをチョイスして食べるようにすると、ストレスをためこまずにダイエットにうちこむことができますから、長期間のスパンでダイエットを成功させることができると思います。

ただ、おやつは買ってしまうと、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。なので、パックのものは袋から直接食べるのではなく、お皿に取り分けてから食べるのが良いでしょう。

最近では、カロリーを抑えるための食品添加物が多く含まれていることなどが話題にもなっています。あくまでも、我慢できないくらい小腹が減った時のおやつという食べ方が良いかもしれませんね。 「ゼロ」という言葉の誘惑に負けるのではなく、よい付き合い方をして、健康的な食生活をおくることが、ダイエットへの成功の鍵となります。

ところで、そもそも夜中にお腹の空腹感を防ぐためにはどういう方法があるのでしょうか。

食事を終えたばかりなのに、何故かもうお腹が減っている・・・という経験はありませんか?

実はこの世界には食べるとお腹が空く食べ物というものがあるそうです。それを食べているのかもしれませんね。食べ過ぎ防止のためにもどんな食べ物がお腹を空かせてしまうのか、チェックしておきましょう。

ダイエット中に「アルコール」はNG!

ダイエット中だけれど、ビールだけはやめられない!という方も少なくありませんが、お酒はカロリーが高くて食欲増進する可能性があるそうです。 アルコールには胃酸の分泌を増やし、消化を促す作用があるとされ、食欲を増進させると指摘されています。

結局家飲みの場合でも口寂しくなっておつまみを作ってしまったり、食べてしまったりすとさらにカロリーを重ねてしまいます。

まとめ

ダイエッターに食事制限とはつらいものです。本当にお腹がすいてストレスがたまる時には、「食べたい」気持ちを解消するためにローカロリー夜食を食べて幸せになりましょう。

食べた分、寝る前にカラダを動かして気持ち良く寝るとまた翌日でも諦めずにダイエットが続けられるはずです。