歯磨き粉の種類

・ペースト状

もっともよく見かける、定番の歯磨き粉です。ペースト状は歯に付着しやすいうえ、発泡剤が含まれているのでよく泡立ちます。そのため少量でも口内の隅々までスッキリした感じが行き渡り、気持ちよく歯磨きできます。発泡剤が入ると爽快感を感じやすいため、歯磨きの時間が短くなり、汚れが残りやすくなります。

・ジェル状

発泡剤の含有量は少ないようですが、泡が出ない分歯をしっかり磨けます。泡が飛び散らないので、電動歯ブラシに向いています。また、研磨剤を含まないものも多く、歯の表面のエナメル質を傷つけにくいという特徴もあります。

・液体

歯医者さんで使われることも多いタイプです。歯ブラシに直接液体を垂らせるボトルもありますが、取り扱いが難しいため小皿に液体を出してから歯ブラシをつけることもあります。

・泡状

フワフワとした泡になっている歯磨き粉です。ボトルを1回プッシュするだけで適量出てくるので、扱いが簡単です。液体を泡にしたものなので、液体タイプを手軽に使ってみたいという方におすすめです。


目的別歯磨き粉の選びかた

・虫歯予防

虫歯になりやすい、または虫歯予防をしたいという方におすすめなのがモノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)やフッ化ナトリウム(フッ素)などのフッ化化合物配合した歯磨き粉です。市販ではフッ素濃度が950ppm以上であれば、特に虫歯になりにくいとされており、国内では最高で1450ppmの製品も販売されています。

・歯周病

塩化ナトリウムや塩化クロルヘキシジンなどの成分を配合した歯磨き粉は歯茎を引き締める効果(収斂効果)があり、歯周病予防・改善に効果があるとされています。歯肉を傷つける恐れがある研磨剤を配合していない製品がより良いでしょう。

・口臭

葉緑素由来成分の銅クロロフィリンナトリウムや塩化亜鉛を配合した歯磨き粉は、口臭を予防する効果があります。

・ホワイトニング

ポリリン酸ナトリウムやハイドロキシアパタイトは歯の汚れを落とすだけでなく、歯をコーティングして汚れが付着するのを防ぎ、白い歯を保ちます。

・知覚過敏

フッ素、硝酸カリウム、乳酸アルミニウムなどの成分が入っている歯磨き粉を選択しましょう。

アドバイス

歯磨き粉は、多く使う程きれいに磨けるというわけではありません。適量を歯ブラシにつけることが大事で、口の中が荒れるなどのトラブルを防ぐことができます。

ペースト状であればブラシの先の3分の1の長さにとどめ、ジェル状は歯全体に歯磨き粉がつくくらいの量、液体タイプは手のひらよりも小さいくらいのサイズを小皿に出すくらいでよいでしょう。 子供の歯磨きには、虫歯予防のためにもフッ素やキシリトール配合の歯磨き粉がおすすめです。ただし、子供の場合、大人より急性のフッ化物中毒になりやすいです。子供向けに500ppmの歯磨き粉も販売されています。

最後に

目的に合わせた磨き粉の使いたい種類や予防したい症状から、あなたに合った歯磨き粉の選択方法が見えてきたのではないでしょうか?今度は実際にお店の商品を手に取りながら、お口の状態や目的に合わせて歯磨き粉を選択してみましょう。

種類別でおすすめの歯磨き粉はコチラ