精神的な(ストレスに関連する)歯痛

虫歯でもないのに急に歯が痛くなるものの、しばらくしたら痛みが落ち着くというものです。歯ぎしりや食いしばりの際に痛みが出現することもあります。

このような歯痛の場合、レントゲンで撮影しても虫歯ではない可能性が高いです。寝不足や疲れなどによる精神的疲労により、歯に痛みを感じるといったものです。ストレス性の歯痛と考えて良いでしょう。

精神的なものが原因であれば、日常生活を見直すことが先決です。日常生活を整えても精神的な不調が残る場合は、心療内科や精神科を受診することをすすめます。

噛み合わせ、その他色々

噛み合わせに問題があり、一部の歯に過度の負担がかかり、痛みが出ることもあります。虫歯の治療などで詰め物・被せ物を作った際、その部分の噛み合わせが高かったり、被せ物に使われる金属の刺激で歯が痛む方もいます。もちろん、噛み合わせについては歯科医院で診てもらうのが良いです。噛み合わせの調整や、被せ物をプラスチックやセラミック製などの違う材質に変えることが治療法になります。

また、無意識に行う強い歯ぎしりが原因のこともありますし、歯が生える際にも痛みが出ることが稀にあります。親知らず(智歯)の場合は、周囲の歯茎が炎症を起こしやすく痛みが出やすいですが、親知らずが横向きに生えていると痛みが出現することがあります。横向きに生えた親知らずが原因で痛む場合は、抜歯をして対応するケースが多いです。

もしかすると、強い噛み合わせ・ブラッシングが原因で歯の一部が割れてしまい、知覚過敏を起こしているケースもあります。 歯と歯茎の境目の付近が楔状に割れていませんか?歯科では、楔状欠損(WSD)と言います 。その場合、歯科医院を受診して、薬の塗布や詰め物により改善しやすいです。 歯ぎしりや食いしばりがある場合、マウスピースを歯科医院で作ってもらうことをお勧めします(医療保険が適応され、3000〜5000円で作れます)。

歯の痛みは虫歯以外にもたくさんある!

ストレスや、噛み合わせ、金属の被せ物、顔面領域を支配する三叉神経・顔面神経痛など、歯の痛みには虫歯以外にたくさんあります。虫歯だけだと決め付けないで、自分にストレスは溜まっていないか、寝不足ではないか、しっかり確認することも必要ですね。基本的に分からないことがあれば、歯科医院を受診しましょう。