1. アルミホイルやスプーンを噛んだときに痛みが出る原因は?

アルミホイルやスプーンのような金属を噛んだときに痛むのは、お口の中に微弱な「電流」(専門用語でガルバニック電流[ガルバニー電流]というもの)が流れているためです。ただし、この電流は誰にでも流れているものではないので、全員がアルミホイルやスプーンを噛んで痛みを感じるわけではありません。虫歯などで歯の神経が死んでいる場合は痛みを感じないこともあります。
異なった組成の金属同士が触れると、ガルバニー電流が流れますが、歯に詰めた金属(水銀や銀合金)とアルミホイルの金属が反応してガルバニー電流が起こるとされています。つまり、お口の中に銀歯などの金属がある方は、電流が発生しやすいのです 。

2.ガルバニー電流は体に悪影響?

それでは、ガルバニー電流が流れることで体にはどのような影響があると考えられているのでしょうか。電流が流れるということは、口の中の金属が溶け出してイオン化しているということになります。金属味などの口の中の不定愁訴や、金属が体内に入り、炎症物質として、頭痛や肌荒れなどを引き起こし全身への影響もあるという研究報告もあります 。
また、脳や神経系統への影響もあるとの研究結果もあります。頭痛に加え、不眠や肩こりなどのさまざまな症状を引き起こしている可能性もあります。

3.解決策は?

こうした体の不調を感じているのであれば、お口の中の金属をすべて取り除くという方法があります。金属アレルギーなどがあり、元々体に合わない金属があるとすれば、それが不調の原因となっている可能性は高いです。金属を取り除いたことで、様々な症状が改善したという症例も存在します。

・プラスチック・セラミックによるメタルフリー治療


金属の代替として、プラスチックやセラミックの詰め物・被せ物が挙げられます。プラスチック・セラミックは非金属製なので電気を発生しません。また、金属アレルギーをおもちの方も安心して使用できます。特に、セラミックの場合、ほかの歯に馴染む白さなので、見た目も綺麗になります。

・電流の測定や放電をしてくれる歯科医院を探す


普及していませんが、歯医者さんの中には、ガルバニック電流の測定を行なっているところもあります。歯にたまっている帯電量を調べ、放電することも可能です。お口の中に電流が流れているか気になるという方は、歯医者さんを探して相談するのもよいでしょう。

お口の中の金属の詰め物に電流が流れていて全身に影響を与えている可能性がある、ということを意外に思った方は多いのではないでしょうか。マッサージなどをしてもなかなか体の不調が改善しないという方は、ガルバニー電流がもしかすると関係しているかもしれません。一度歯医者さんに相談して金属の詰め物・被せ物を非金属のものに交換することを検討してみるのも良いでしょう。