もし若くして永久歯を失ってしまったら


歯がなくなると代わりの歯を入れることになりますが、「入れ歯」は高齢の方がつけているイメージが強く、若い方がすんなりと受け入れるのは難しいことです。

歯がなくなったことを家族や友達にも言えず、ブリッジも選択せずに悩んだまま放置してしまうケースもあります。

もし歯が抜けてしまっても、ブリッジや入れ歯で噛み合わせを回復させることである程度の見た目も回復されます。ひとりで悩まず、歯科医院に一度相談してみてください。

入れ歯・ブリッジが誤解されやすい理由


近年、さまざまな歯科医院で実施されている治療に「インプラント」があります。
インプラントを患者さんに勧めるために、入れ歯やブリッジの欠点を強調する歯科医院もあるかもしれません。

どの治療にもメリットがあれば、デメリットは必ずあります。
インプラントも完璧な治療方法ではなく、「治療費が高額」「インプラントを支える組織が炎症を起こしやすい(インプラント周囲炎)」といったデメリットがあるのです。

治療のメリット・注意点


入れ歯はほとんどの人に適応できるのが大きなメリットです。
また、取り外す手間がかかるものの、歯ブラシや洗浄剤などで掃除ができるので清潔に保てます。

入れ歯で誤解されるのが「外れやすい」という指摘です。
近年は入れ歯も進化し、粘膜にフィットして違和感なく装着できる入れ歯が増えています。
食事やおしゃべりのときも安心して使用できます。

ブリッジは固定源となる歯が残っていなければ適応できませんが、インプラントのように手術する必要はありません。
食事のときも、自分の歯に近い噛み心地で噛むことができます。


入れ歯もブリッジも、自費診療であれば金属を使わない綺麗な見た目の装置を作ることができます。
代表的なものに、天然歯のように透明感があるセラミックがあります。

興味がある方は、かかりつけの歯科医院で見本を見せてもらうとよいでしょう。
ただし、自費診療の治療は歯科医院によって取り扱いが異なりますので、かかりつけの歯科医院で取り扱いがない場合は希望する治療を決め、新しく歯科医院を探す必要があります。

かかりつけの歯科医院に紹介してもらう方法もありますので、まずは相談してみましょう。
事前に相談しておけば、別の歯科医院で治療したあとも通いやすくなりますよ。

どうしても入れ歯・ブリッジが合わないなら


装着した入れ歯やブリッジは、1度つけたらずっとそのままというわけではありません。
噛み合わせの違和感などがある場合は、途中でも調整できます。

合わないときには、我慢せずに歯科医院へ伝えてください。
また、予算に余裕が出てきたのであれば、入れ歯とインプラントを組み合わせたインプラント義歯という選択もあります。
もちろん、多額の費用を用意することができれば、入れ歯をやめてインプラントのみの治療を受けることもできます。

歯科医療も日進月歩で、入れ歯もブリッジも機能と審美面で優れたものがどんどん登場しています。
悩みがある方は、まずはかかりつけの歯科医院で相談してみてはいかがでしょうか?