指しゃぶりは良いこと?悪いこと?

  • LINEで送る

子供の指しゃぶりがなかなか治らない、止めるように言ってもやめてくれない、そろそろやめないと歯に影響があるかも・・・と心配する親御さんも多いと思いますが、実際、指しゃぶりは良いのか、悪いのか、本当のことを知っている方は少ないです。実際、指しゃぶりは良いのでしょうか、それとも悪いことなのでしょうか?今回は、指しゃぶりの役割や終了する時期について、解説します。

不安解消のための安心材料

指しゃぶりは赤ん坊の時期なら誰でもみられるもので、不安解消のために乳首ではなく親指を咥えて安心させるために行われます。お乳を吸う以外に吸う動作を行っているため、筋肉の発達を促す働きもあります。

1歳になる頃に自然になくなる

指しゃぶりは1歳になる頃に自然と止める傾向があります。しかし、指しゃぶりは1歳から2歳、3歳くらいまでは指しゃぶりをしている子としていない子に分けられるため、あまり心配しすぎなくても良いでしょう。

4歳を過ぎる前までに指しゃぶりを卒業しよう

指しゃぶりをいつまでもやめない、と思っているママも、3歳くらいまでは不安解消の意味もこめてしゃぶっているのだと考えて、ゆったり捉えてあげましょう。3歳ごろになれば、自然と指しゃぶりは激減します。
しかし、4歳ごろまでには指しゃぶりを卒業させておきましょう。そうしなければ今度は歯並びや噛み合わせに加え、口の機能が健全な発達が阻害されます。親指を上の前歯の後ろに置いて吸うことで、上の前歯が前に傾斜して出っ歯になり、上と下の前歯に隙間ができて噛めなくなります。さらに、上と下の顎の成長のバランスも崩れてしまいます。

つまり、指しゃぶりは良い面もあり、悪い面もあるということになりますね。あまり過度に心配しすぎず、3歳くらいまでなら、ゆったりと構えていれば良いです。気になる方は小児歯科の先生に一度相談されることをお勧めします。

監修歯科医師

歯科医師:古川 雄亮 先生

歯科医師:古川 雄亮 先生

国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事。

歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加
2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。
[参照URL] https://www.nature.com/articles/s41598-019-51077-0

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト(矯正)

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『矯正歯科ネット』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

 

矯正歯科ネット

 

「矯正歯科ネット」は日本最大級の矯正歯科治療ポータルサイトです。

矯正歯科ネットは歯列矯正、マウスピース矯正などの治療説明から、歯科医師に無料で相談できる「相談室」、地域やロコミから探せる「医院検索」など、多数のコンテンツを用意しています。


全国の矯正歯科が相談できる歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。