歯ってどうやって作られてるの(歯の構造や生成されている要素)

  • LINEで送る

日頃何気なく食事をしていますが、歯の健康について考えてみたことはないのではありませんか?歯を健康に保っているからこそ、美味しい食べ物を美味しく食べることができます。ところで、歯の構造は一体どうなっているのでしょうか。歯の構造がどうなっているのか、そして歯がいつ形成されるのかを紹介します。

歯の構造

歯の表面はエナメル質というダイヤモンドと同じくらいの硬さの組織に覆われています。主成分は骨と同じリン酸カルシウムですが、骨よりも比率が高いため、歯は骨より硬いです。エナメル質の下に象牙質という組織があり、歯の神経(歯髄)を守っています。象牙質は歯の神経が通っており、エナメル質よりも軟らかいので、虫歯が到達すると痛みを感じるようになり、虫歯の進行スピードが早くなります。

歯の神経や血管は、象牙質の下の歯髄腔(しずいくう)という空洞の中を通っています。歯の代謝において重要な役割を担っています。ここに虫歯が到達すると非常に強い痛みが出るため、治療としては歯の神経を除去する治療がメインとなります。

形成時期について

歯の形成は胎児の頃から始まっています。乳歯の形成は出生する前にほとんど形成されており、中には出生時の時点で前歯が生えている赤ん坊もいます(先天性歯といいます)。

乳歯でもっとも早く生えてくるのは前歯であり、一般的に生後5ヶ月から6ヶ月で生えてきます。そして徐々に他の乳歯も前から後ろへ生えそろっていきます。およそ2年で計20本の乳歯が全て生え揃います。

胎児の時から既に形成されていく歯!

胎児胎児の時から歯は既に形成されているので、カルシウムやリンなど歯に重要な栄養素は妊婦のうちからしっかりと取っておきたいものです。歯のエナメル質は虫歯から歯を守っていますが、歯磨きなどお口のケアをしないと、エナメル質が溶けてしまい、虫歯になっていきます。エナメル質から象牙質に虫歯が進行する前の初期虫歯でのケアが非常に重要となります。毎日の歯磨きはもちろんのこと、予防のための歯科医院への定期的な通院も大切です。

監修歯科医師

歯科医師:古川 雄亮 先生

歯科医師:古川 雄亮 先生

国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事。

歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加
2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。
[参照URL] https://www.nature.com/articles/s41598-019-51077-0

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『歯医者さんネット』を使ってみてください。

 

歯医者さんネット

 

『歯医者さんネット』は 全国6万件以上の歯科医院を検索できる日本最大級の歯科総合情報サイトです。

歯科医院の検索だけでなく、親御さんに向けた子供の歯科に関する「こどものオーラルケア」や生活で役に立つ「歯のお役立ち情報コラム」などの記事もご用意しております。


お悩みを相談が出来る歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。