親知らず(智歯、第三大臼歯)は抜かないといけないの?

  • LINEで送る

親知らず(智歯、第三大臼歯)といえば、一番奥に生えている大臼歯で、「親知らずは抜く方がいい」というイメージをお持ちの方もいると思います。

しかし、多くの方が悩む親知らずの治療。抜くのが怖いと思っているかもしれませんが、もしかしたらその親知らずは抜かなくていい歯かもしれません。親知らずを抜くケースと抜かないケースを理解し、まずは自分がどちらに当てはまりそうかセルフチェックしてみてはいかがでしょうか。

*親知らずを抜くか抜かないの判断はあくまで歯科医院による診査・診断をもとに行います。セルフチェックで抜かないケースだとしても、お一人で判断しないようにお願いします。

1. できれば親知らずを抜きたくない

危険で厄介な存在のように扱われる親知らず。「痛くなる前に抜いた方がいい」というのが常識だと思っている方も多いです。しかし、親知らずは必ず抜かなければいけないものなのでしょうか?

実は、親知らずが真っ直ぐ上に向かって生えて、歯ブラシでキレイに磨けるのであれば、抜かなくても良いかもしれません。

親知らずを抜くこと自体、神経麻痺や大量出血といったリスクがあります。親知らずがきれいに生えているならば、矯正治療の必要性や、虫歯・歯周病などの問題がある以外は、無理して抜歯することはありません。まずは、親知らずの生え方を鏡でチェックしてみることをおすすめします。

2. どうしてみんな親知らずを抜くの?

それでは、親知らずを抜いた方がよいのはどのようなケースなのでしょうか。これも、やはり生え方がポイントになります。斜めに生えていたり、歯茎に埋まって横に生えていたりすると、完全に口の中に歯が出てこず、歯ブラシが届かずに虫歯や歯周病になる可能性があります。この虫歯菌が隣の奥歯に感染する可能性もあるので、そうした場合は抜歯することがあります。

普段から奥までしっかり磨く習慣を身に付け、親知らずの虫歯や歯周病を予防しましょう。そして、かかりつけの歯科医院でメインテナンスを受けましょう。口の中を清潔な状態に保てば、虫歯などのリスクを下げられ、親知らずにおける症状も出現しにくいです。

3. どうしても歯を抜くのが怖かったら

「親知らずは抜くと痛い」「ひどく腫れる」といったネガティブな経験談がネットにあふれており、不安を感じる人が少なくありません。「親知らずに問題がありそうだけど、抜くのは怖い」という場合も、まずは歯医者さんにその悩みを話してみることをおすすめします。

歯医者さんで何か異常が見つかったとしても、すぐに抜歯するわけではありません。「歯を抜くのが怖い」ということを伝えれば、抜かない方法で親知らずをどう治療するべきか、他の治療方法を提案してくれます。

また、歯科恐怖症をもっており抜歯などの歯科治療に対する恐怖心が強い方のために、眠ったようにリラックスして治療が受けられる笑気麻酔(しょうきますい)を実施することの可能な歯医者さんもあります。歯科医院のHPで上記機材を取り扱っていることを書かれていることが多いので、気になる方は検索してみてください。

歯科医師:古川 雄亮 先生
歯科医師:古川 雄亮 先生

国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事。

歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加 2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。

[参照URL] https://www.nature.com/articles/s41598-019-51077-0

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『歯医者さんネット』を使ってみてください。

 

歯医者さんネット

 

『歯医者さんネット』は 全国6万件以上の歯科医院を検索できる日本最大級の歯科総合情報サイトです。

歯科医院の検索だけでなく、親御さんに向けた子供の歯科に関する「こどものオーラルケア」や生活で役に立つ「歯のお役立ち情報コラム」などの記事もご用意しております。


お悩みを相談が出来る歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。