えっ!?その癖が「出っ歯(上顎前突)」の原因?

  • LINEで送る

歯の大きさや形って個人差が大きいですけれど、前歯が前に傾斜して目立ってしまう出っ歯の人もいますよね。歯科の専門用語では、「上顎前突」といいます。
出っ歯にはいくつか原因があり、生まれつき上顎が前突している人や、下顎が後退している人もいれば、指しゃぶりや口唇を咬むなどの無意識にやってしまう癖で出っ歯になってしまう人もいます!
骨格に問題がある場合は生まれつきのため、成長期における矯正歯科治療を受けないと治せませんが、無意識でやってしまう癖は気をつければ出っ歯にならずに済むかもしれませんので、意識してみると良いかもしれません。
ここでは、出っ歯の原因になってしまうかもしれない癖や習慣について、ざっくりですが紹介してみます!

出っ歯になる原因とは!?

特に子どもに多いですが、赤ちゃんの時に使うおしゃぶりがやめられずに、指しゃぶりをする人っていますよね。
これは、お母さんのおっぱいやミルクを飲む哺乳瓶を吸う時にもやっている行動[吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)や捕捉反射(ほそくはんしゃ)]の一種で、舌や唇を使って吸うので前歯を舌で押してしまうのです。

1回や2回ほどでは前歯は出てきませんが、長い間おしゃぶりの感覚が忘れられずに指しゃぶりをしてしまうと、出っ歯になる可能性が上がるので注意しましょう!
特に成長期の指しゃぶりはかなり出っ歯になるリスクも高くなるので、癖のある人は要注意です!また、歯が前に出るだけでなく、前歯や奥歯に隙間ができて噛めなくなったり(開咬)、奥歯が指しゃぶりによる頬の筋肉の力で後ろ側に倒れてきます。この場合、指しゃぶりを止めることに加え、矯正歯科治療も必要になるケースが多いです。


 

呼吸の仕方にも注意

一般的に呼吸は鼻で行うものですが、最近は口呼吸をする子どもが増えています。
実は、口呼吸も出っ歯になる原因です!
口呼吸は、歯周病や口臭の原因にもなるので息をするときは、鼻呼吸を意識すると良いのです。

口で呼吸をする習慣をつけてしまうと、常に口がポカンと開いているから口元や舌を支える筋肉も弱くなって、舌が歯を押してしまいます。
歯並びが悪くなるし、出っ歯にもなるし、そのうえ口も臭くなってしまいます。

また、子どもによくみられる喉の扁桃が肥大する「アデノイド」というものがあれば、口呼吸がしにくくなり、発達障害に近い症状がしばしばみられます。この場合、耳鼻咽喉科で治療してもらえれば、口呼吸が自然と改善されることがあります。

無意識でやってしまう癖や習慣に関しては、なかなか自分だけでは気付きづらいかもしれません。もし気になるのであれば、家族や仲の良い友人に聞くことや、歯科医院に相談することをおすすめします。

監修歯科医師

歯科医師:古川 雄亮 先生

歯科医師:古川 雄亮 先生

国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事。

歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加
2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。
[参照URL] https://www.nature.com/articles/s41598-019-51077-0

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト(矯正)

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『矯正歯科ネット』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

 

矯正歯科ネット

 

「矯正歯科ネット」は日本最大級の矯正歯科治療ポータルサイトです。

矯正歯科ネットは歯列矯正、マウスピース矯正などの治療説明から、歯科医師に無料で相談できる「相談室」、地域やロコミから探せる「医院検索」など、多数のコンテンツを用意しています。


全国の矯正歯科が相談できる歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。