永久歯が折れるアクシデント

日常生活では転倒や転落をして地面に顔を打ちつけたり、思わぬ接触事故で前歯が折れることがあります。また、球技や武道などのスポーツをされている方が顔面を損傷し、歯が折れることなどが多々あります。
また、少し変わったケースでは異物入りの食品を噛んで歯が折れたり、不運にも喧嘩に巻き込まれて折れるケースもあるのですが、いずれにせよ永久歯を失うことに大きなショックを伴うことでしょう。

また、子どもの場合、歯が折れるよりも歯が抜けるケースが多いですが、大人の場合、歯が折れるケースが多いです。この理由は、歯を支える骨が子どもの時はまだ軟らかいため、歯に過剰な力がかかりにくいためです。

治療方法について

では永久歯が折れた場合は歯科でどのような治療を受けることになるのでしょうか。
現在歯科で行われている治療としては、以下の通りです。

  • 折れた歯の破片の接着(破折片が小さい場合や元に戻せる場合など)

  • 天然の歯根があるケースでは歯冠部に差し込む差し歯(破折が大きい場合など)

  • 人工的な歯根を埋めてその上に被せ物を作るインプラント治療(歯根破折など)

  • 歯の無い両側の歯を削って土台とし、橋渡しの被せ物を作製するブリッジ治療

折れた歯の治療方法はどれがお勧めか

永久歯が折れた場合には様々な治療が考えられますが、いずれも破折した歯の状態によってどの治療法が適しているかが異なります。
自己判断で対応しようとせず、歯が折れてしまった場合は、最寄りの歯科医院に相談し適切な治療を受けることを強くお勧めします。

歯が折れてしまった時の対処におすすめの商品はこちら