仮歯は取れやすくできている

強く接着をしてとれないようにしてくれればいいのに、と思うかもしれませんが、仮歯はわざととれやすく作られています。
とれないくらい強く接着してしまうと、歯科医院でも取り除くのが難しくなります。被せ物が出来上がり、いざ歯に付けるときに仮歯が外れないと付け替えることができません。

無理に取り外したり、削って取り外そうとすると歯にダメージを与えてしまう可能性があります。また、お口の中に仮歯を入れると気になって取り外したくなる場合や、見た目が気になり作り直しを希望する患者さんもいらっしゃいます。その時に外せないと大変ですよね。

仮歯が強く接着されていないのには、さまざまな理由があるのです。

仮歯が取れないようにするためには

取れるようにしておく方がいいとは言ったって、仮歯が取れてしまっては見た目に影響があるから避けたいですよね。
少し気を付けていただくだけで、仮歯はとれにくくなりますので、注意していただきたいポイントをご紹介します。

硬いものを噛まない

仮歯は強く接着していないのに加え、仮歯の素材自体にそれほど強度がありません。
硬いものを噛んでしまうと仮歯が欠けてしまう原因となります。

また、仮歯に強度がないため、力が歯に加わってしまい自分自身の歯に痛みが出てしまうことも。

柔らかい流動食を食べる、という意味ではありません。

おせんべいや飴、ミックスナッツやフランスパンなど食品の中でも特に硬いものを避けましょう。

大粒のコショウなども硬い実が入っていることがあるので避けておくと安心ですね。

くっつきやすいものを避ける

柔らかく、くっつきやすいものも仮歯の場合注意が必要です。

ガムやお餅、キャラメルのような歯にくっつきやすいものは、仮歯が引っ張られ、取れてしまう可能性が高まります。
仮歯と歯の間にくっついてしまい、取り除こうとしたら仮歯が取れてしまった、なんてこともありますので注意が必要ですね。

フロスの使用は医師に相談する

被せ物が入るまで歯の周りをきれいにしよう!とフロスや歯間ブラシを使いたくなりますが、仮歯の接着方法や形によってはフロスで仮歯が取れてしまうことも。

仮歯と歯の間にフロスを通しても大丈夫か、念のため歯科医師に相談してみましょう。
また、通していいと言われた場合にもポイントが。フロスは上下にぱちんぱちんと通したくなりますが、仮歯が引っ張られる方向に動かすと取れてしまいます。

持ち手の付いていない、糸タイプのものを使用して、フロスを通した後は横から引き抜くようにして使うと仮歯が取れる可能性を減らせますよ。

強く噛みしめない

硬いものを噛んだときと同様に、強く噛みしめると割れてしまう可能性があります。

日中の力の入る運動を控えるほか、寝ている間の歯ぎしりや食いしばりにも注意しましょう。

寝るときにナイトガード(マウスピース)を使用している場合は仮歯を作る前に歯科医師に相談してください。仮歯を作るときに、ナイトガードを使えるように作ってもらえるかもしれません。

仮歯がとれてしまった!

万が一仮歯がとれてしまったら、お口の中には戻さずにすぐに歯科医院へ連絡してください。そのまま歯にはめるとぴたっとはまり、問題ないように感じてしまうこともありますが、くっついていないため食事をしている時などに外れて飲み込んでしまう事も。

仮歯は意外と大きく、喉に詰まってしまう可能性もありますので、とれてしまった仮歯はお口の中には戻さないでくださいね。捨てずに歯科医院に持っていきましょう(紛失してしまうと、作り直しに時間がかかることがあります)。

仮歯が壊れておらず、歯科医院にお持ちいただいた場合はすぐに付けられることがほとんどです。

通院まで時間が空くときや翌日通院する場合は、仮歯は袋に入れるなどしてなくさないように保管してください。強く押しつぶされると壊れてしまう事もあるので注意しましょう。

もしも通っている歯科医院がお休みの場合は、ほかの歯科医院へ問い合わせてみてください。治療中の歯をほかの歯科医院が対処することは嫌がられてしまいがちですが、大切な用事があるなどであれば対応してくれることも。仮歯であることを必ず伝えてくださいね。

また、年末年始であったり、通院がどうしても難しい場合は、入れ歯安定剤で付けるように歯科医院から指示されることもあります。
ですが、入れ歯安定剤の量が適量でない場合は噛み合わせが狂ってしまったり、くっつかないこともあります。

よほどの場合でない限りはおすすめはしません。どうしても使用したい場合は歯科医院へ問い合わせましょう。

仮歯が外れてそのまま放置してしまうと、歯が動いて仮歯がハマらなくなる可能性も高くなります。取れてしまったら、できる限り早くクリニックを受診するようにしましょうね。

瞬間接着剤は絶対にダメ!!!

とにかく仮歯を付けたい一心で、瞬間接着剤を使うことを考える方もいるかもしれません。
ですが、仮歯を瞬間接着剤でつけるのは絶対にやめてください。

瞬間接着剤は非常に強力なため、歯から外すことができなくなります。仮歯を削って取り除きますが、接着剤も取り除かなくてはいけないため歯自体も削ることとなり、型どりをして作った被せ物が合わなくなり、治療が長引いてしまうこともあります。

患者さんの対処によって被せ物が合わなくなった場合、自費治療なら再作製分の費用もかかってしまうかも。
また、瞬間接着剤は化学反応によって接着しているため、歯の神経に刺激が加わり、神経が炎症を起こしてしまったり、最悪の場合は神経を取り除く必要が出てくることもあります。

瞬間接着剤で仮歯を付けることは絶対にやめましょう。

木工用ボンドやネットで販売されている歯科技工用接着剤も強力なため使用しないでくださいね。お口の中に入れる前提で作られていない商品です。上記以外にも思わぬトラブルを引き起こす可能性があります。

最終的な被せものができるまでは辛抱しよう

最近の医療技術の発達により、最終的な被せ物を作製して歯にとり付けるまでの期間は短くなっています。短い期間なので、上記であげた注意ポイントに気を付けて、仮歯がとれないように過ごしてみましょう。

事前に仮歯になる期間がわかっている場合は、硬い物や粘着性のある食べ物を控えたり、強く食いしばるような運動を避けたりすることが肝要です。