歯並び

歯医者さんが教えてくれるお子さんの小児矯正治療の時期について

まずは小児矯正と成人矯正の違いについて簡単に説明したいと思います。
小児矯正は小児期に行う歯列矯正治療ですが、年齢によって小児矯正と成人矯正を分けてはいません。

一般的には上下の前歯4本程度が永久歯(大人の歯)、6歳臼歯(奥歯)が生えてきた時期に多くの方が小児矯正を行います。
始めるのが早い場合には全てが乳歯の時期から始めるケースもありますし、始めるのが少し遅い場合は側方歯の乳歯が永久歯に生え変わっている頃から始めるケースもあります。

これらの時期は成長期なので顎の形、骨格も変化します。矯正治療は歯の並びだけではなく、上顎と下顎のかみ合わせも重要なので、成長期に矯正治療を行う最大のメリットは成長力を利用して、上下の顎のバランスなどもある程度整えることができることです。
ですから、成人矯正はほとんど顎の成長が完了し、全てが永久歯に生え変わった時期以降に行う歯列矯正治療になります。

もっと読む

おしゃぶりで歯並びが悪くなるのは本当か!?

最近はおしゃれなおしゃぶりが多いですね。
種類も豊富なので複数個持っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、このおしゃぶりが歯並びに影響しているとご存知でしたか?今回はおしゃぶりの歯並びの影響についてご紹介します。

続きを読む

指しゃぶりは良いこと?悪いこと?

子供の指しゃぶりがなかなか治らない、止めるように言ってもやめてくれない、そろそろやめないと歯に影響があるかも・・・と心配する親御さんも多いと思いますが、実際、指しゃぶりは良いのか、悪いのか、本当のことを知っている方は少ないです。実際、指しゃぶりは良いのでしょうか、それとも悪いことなのでしょうか?今回は、指しゃぶりの役割や終了する時期について、解説します。

続きを読む