子供

顎や歯、お口の健康と食べ物の関係性について

近年、子供の顎が小さくなっているといわれています。人間は子供の時期に顎が成長し、乳歯から永久歯に生え変わります。そのとき、顎に十分なスペースがなければ、永久歯がきれいに並びません。お口の機能が発達するには、顎を大きく強くすることが不可欠といえます。

成長著しい時期に顎や歯の健康を気遣った生活を送ることで、大人になってからも長く健康的に使える歯を維持できるようになるかもしれません。

子供の顎の成長を促進するために、どのような工夫をすればよいでしょうか?食生活の視点から顎や歯の発達について説明します。

続きを読む

子供のオーラルケア

子供の健康に対する親御さんの関心が高まっていますが、歯に関する意識も高くなっています。乳歯から永久歯に生え変わる時期は虫歯になりやすく、その後の口内の健康状態にも影響する可能性があります。小さいときから子供が歯を磨くくせをつけるよう努めるだけでなく、最後は親の手で仕上げ磨きをしてあげることで、将来にわたって歯が健康でいられるようになります。こうした状況の中、子供のオーラルケアを助けるグッズもさまざまなものが登場。子供専用の電動歯ブラシも販売されています。

今回は、お子さまの歯を守るための方法や、小さいうちからオーラルケアを行う重要性について解説します。

続きを読む

歯医者さんが教えてくれるお子さんの小児矯正治療の時期について

まずは小児矯正と成人矯正の違いについて簡単に説明したいと思います。
小児矯正は小児期に行う歯列矯正治療ですが、年齢によって小児矯正と成人矯正を分けてはいません。

一般的には上下の前歯4本程度が永久歯(大人の歯)、6歳臼歯(奥歯)が生えてきた時期に多くの方が小児矯正を行います。
始めるのが早い場合には全てが乳歯の時期から始めるケースもありますし、始めるのが少し遅い場合は側方歯の乳歯が永久歯に生え変わっている頃から始めるケースもあります。

これらの時期は成長期なので顎の形、骨格も変化します。矯正治療は歯の並びだけではなく、上顎と下顎のかみ合わせも重要なので、成長期に矯正治療を行う最大のメリットは成長力を利用して、上下の顎のバランスなどもある程度整えることができることです。
ですから、成人矯正はほとんど顎の成長が完了し、全てが永久歯に生え変わった時期以降に行う歯列矯正治療になります。

もっと読む

子供に口内炎ができた原因は?できてしまった時の治療法や対処法

大人だけではなく子供にもできる口内炎。おやつやご飯のとき機嫌が悪かったり、痛がる素振りを見せたりすることがありませんか?そんなときは口の中を観察してみてください。もしかしたら口内炎が原因かもしれません。
子供の口の中に口内炎がなぜできるのか、口内炎の種類や特徴(原因)、治療法、親御さんでもできる対処法と予防法などをご紹介します。

続きを読む

歯医者さんが教えてくれる!お子さんの小児矯正治療の時期について

まずは小児矯正と成人矯正の違いについて簡単に説明したいと思います。小児矯正は小児期に行う歯列矯正治療ですが、年齢によって小児矯正と成人矯正を分けてはいません。一般的には上下の前歯4本程度が永久歯(大人の歯)、6歳臼歯(奥歯)が生えてきた時期に多くの方が小児矯正を行います。始めるのが早い場合には全てが乳歯の時期から始めるケースもありますし、始めるのが少し遅い場合は側方歯の乳歯が永久歯に生え変わっている頃から始めるケースもあります。これらの時期は成長期なので顎の形、骨格も変化します。矯正治療は歯の並びだけではなく、上顎と下顎のかみ合わせも重要なので、成長期に矯正治療を行う最大のメリットは成長力を利用して、上下の顎のバランスなどもある程度整えることができることです。

ですから、成人矯正はほとんど顎の成長が完了し、全てが永久歯に生え変わった時期以降に行う歯列矯正治療になります。

続きを読む