予防

きちんと使って感染を防ごう!正しいマスクの使い方

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、新しい生活様式が定着しつつあります。感染予防の手段として、マスクを装着する人が多く見られるようになりました。

外出時の必須アイテムとなっているマスクですが、みなさんはマスクを外す時どのように扱っているでしょうか?熱中症などが心配されるこの時期、適宜マスクを外して休憩することも大切であると提言されていますが、ランチや会社を含め、外でマスクを外した時の取り扱い方も気になるところです。

また、マスクの残り枚数を気にして繰り返し使う方もいます。本来の正しいマスクの使い方を振り返り、感染予防対策として効果的に使用するポイントをご紹介します。

続きを読む

子供のオーラルケア

子供の健康に対する親御さんの関心が高まっていますが、歯に関する意識も高くなっています。乳歯から永久歯に生え変わる時期は虫歯になりやすく、その後の口内の健康状態にも影響する可能性があります。小さいときから子供が歯を磨くくせをつけるよう努めるだけでなく、最後は親の手で仕上げ磨きをしてあげることで、将来にわたって歯が健康でいられるようになります。こうした状況の中、子供のオーラルケアを助けるグッズもさまざまなものが登場。子供専用の電動歯ブラシも販売されています。

今回は、お子さまの歯を守るための方法や、小さいうちからオーラルケアを行う重要性について解説します。

続きを読む

口臭の原因は舌にある?舌の汚れをきれいにする方法

口臭は誰もが気になるものです。ご家庭や職場で「自分の息が臭かったらどうしよう……」と、1度は不安がよぎったことがあるのではないでしょうか。最近は「スメハラ」なんて言葉があるように、臭いに敏感な人が増えてきました。口臭もぜひケアしておきたいものです。
口臭には食品や歯周病などさまざまな原因で起こることが考えられますが、その中でももっともメジャーな要因として挙げられるのが舌の汚れです。

続きを読む

デンタルフロスで出来る虫歯や歯周病の予防方法とは

虫歯や歯周病は生活習慣病とも並ぶ弊害の一種です。特に虫歯などは歯磨きを怠ったせいで出来るものですが、歯周病ともなれば歯磨きをしっかりしていてもなってしまう人がいます。それは何故かと言うと、歯と歯の間の歯ブラシの届かない場所に歯垢がたまってしまい、歯石に変化し、その後虫歯や歯周病の原因となってしまうのです。

続きを読む

歯周病にならないための3つのポイント

日本人の8割以上が罹患(りかん)していると言われる歯周病は、かかってしまうとかなり厄介です。何故なら、一度進行してしまうと元通りに改善するのはかなり難しいからです。

適切な治療をせずに放置しているとそのまま歯周病が進行し、最終的には歯が抜けて落ちてしまいます。抜けたあとは、インプラントやブリッジ、入れ歯などの治療にお世話になっている人が大半でしょう。

歯周病で失われた組織の再生療法の研究も進んでいますが、残念ながらまだまだ発展途上で、今後の研究による発展が見込まれます。

つまり、歯周病に対して現在できる最善の対策は、歯周病になって治療を受けるのではなく、歯周病にならないようにすることである。

続きを読む

歯周病はうつる?感染する?

歯周病はお口の中の感染症の1つで、歯周病の原因である細菌は、唾液を介して人から人に感染します。親から子供への食べ物の口移し、箸やフォーク、スプーンなど食器類の共有も感染の原因になります。

続きを読む