歯ってどうやって作られてるの(歯の構造や生成されている要素)

日頃何気なく食事をしていますが、歯の健康について考えてみたことはないのではありませんか?歯を健康に保っているからこそ、美味しい食べ物を美味しく食べることができます。ところで、歯の構造は一体どうなっているのでしょうか。歯の構造がどうなっているのか、そして歯がいつ形成されるのかを紹介します。

続きを読む

歯周病にならないための3つのポイント

日本人の8割以上が罹患(りかん)していると言われる歯周病は、かかってしまうとかなり厄介です。何故なら、一度進行してしまうと元通りに改善するのはかなり難しいからです。

適切な治療をせずに放置しているとそのまま歯周病が進行し、最終的には歯が抜けて落ちてしまいます。抜けたあとは、インプラントやブリッジ、入れ歯などの治療にお世話になっている人が大半でしょう。

歯周病で失われた組織の再生療法の研究も進んでいますが、残念ながらまだまだ発展途上で、今後の研究による発展が見込まれます。

つまり、歯周病に対して現在できる最善の対策は、歯周病になって治療を受けるのではなく、歯周病にならないようにすることである。

続きを読む

女性ほど歯周病にかかりやすい?

歯周病は自覚症状がほとんどないまま進行し、ひどくなると歯がグラグラと揺れたり抜けてしまう怖い病気です。最近では、歯周病が女性ホルモンと深く関係していることもわかってきており、思春期と妊娠・出産、更年期といったホルモンバランスの変化から、女性のほうが歯周病になりやすいとも言われています。

続きを読む

歯茎におでき(フィステル)が出来る原因と治療法について

歯や歯茎が痛くもないし腫れてもないのに、歯茎に白っぽいおできのようなものがある。これって一体何?そんな経験はありませんか。虫歯や歯周病によくなる人なら同じ経験をした方もいるかもしれませんね。
それはフィステル[瘻孔(ろうこう)]と呼ばれるものです。一体フィステルとはどんなものなのでしょうか。

続きを読む

歯周病と口臭

歯周病と口臭

歯周病になると歯肉の腫れや歯磨き中に歯茎から出血するなどの症状が知られていますが、歯周病は口臭の原因にもなるので、口臭がひどくなる前に、早めの対処を心がけましょう。

続きを読む

ズキズキ、ガンガン。。頭痛や肩こりの原因、実は歯の「噛み合わせ」!?

二日酔いでも風邪でもないのに、頭がズキズキ、ガンガンと痛くなると、自分は頭痛持ちだから仕方ない・・・と痛み止めを飲みながらあきらめていませんか?確かに頭痛が起きやすい人と、起きにくい人はいます。頭痛の原因にもいろいろありますが、歯の「噛み合わせ」が頭痛の原因になってしまうかもしれないこと、知っていましたか?

続きを読む

お口の中から膿が。。歯根嚢胞(しこんのうほう)の原因と治療法、対処法について

歯根嚢胞(しこんのうほう)というものを知っていますか。口の中から膿が出るという恐ろしい病気です。口臭に関連しますし、潰すと黄色い膿や血が出てきます。歯茎におできのようなふくらみ(専門用語でフィステルと呼ばれるもの)ができるケースが多いです。

続きを読む

えっ!?その癖が「出っ歯(上顎前突)」の原因?

歯の大きさや形って個人差が大きいですけれど、前歯が前に傾斜して目立ってしまう出っ歯の人もいますよね。歯科の専門用語では、「上顎前突」といいます。
出っ歯にはいくつか原因があり、生まれつき上顎が前突している人や、下顎が後退している人もいれば、指しゃぶりや口唇を咬むなどの無意識にやってしまう癖で出っ歯になってしまう人もいます!
骨格に問題がある場合は生まれつきのため、成長期における矯正歯科治療を受けないと治せませんが、無意識でやってしまう癖は気をつければ出っ歯にならずに済むかもしれませんので、意識してみると良いかもしれません。
ここでは、出っ歯の原因になってしまうかもしれない癖や習慣について、ざっくりですが紹介してみます!

続きを読む