歯周病が悪影響を与える全身の病気とは?

歯周病は虫歯に並ぶ口腔内の2大疾患のひとつ。成人の約80%が罹患しているといわれている生活習慣病です。この歯周病が全身の健康に深く関わっていることが、近年の研究で次々と明らかになっています。この記事では歯周病による悪影響のある全身の病気について解説しています。皆さんの歯周病治療が健康を維持するヒントになるかもしれません。

続きを読む

日本人の死因1位・がんと歯周病の関係性

近年、さまざまな研究で歯周病が全身疾患の誘因となる可能性が指摘されるようになりました。その中には、がんの発症にも関与するかもしれないという報告も含まれています。がんは誰もが予防したいと考えている疾患。歯周病の治療が、そうした全身疾患の予防につながるかもしれません。

続きを読む

歯周病と後天性免疫不全症候群(AIDS/エイズ)の意外な関係性

皆さんは歯周病が全身疾患と深く関係している可能性があることをご存知ですか?歯周病はお口の病気ではありますが、糖尿病などあらゆる全身疾患の誘因となる可能性が指摘されています。
ここでは、口腔疾患と全身疾患の関係性をテーマとして、歯周病と関わっている可能性があるHIV感染症、後天性免疫不全症候群(AIDS/エイズ)との関係についてご紹介します。エイズについては性行為や輸血による感染を聞いたことがあるかと思いますが、歯周病とはどのような関係性を指摘されているのでしょうか。

続きを読む

虫歯を放置すると危険!感染症が引き起こす怖い病気

「忙しくて歯医者さんに行く時間がない」「痛みがなくなったから通院しなくてもいいや」などの理由から、進行した虫歯を放置している人、または治療途中で歯医者さんに行かなくなった人はいませんか。思い当たる方は要注意、今すぐに考えを改めましょう。なぜなら、虫歯が発生源となり重症化することがあるからです。これを「歯性感染症」と呼びます。炎症の進行度や範囲によっては「歯槽骨炎」「顎骨炎」「蜂窩織炎」に発展し、重症化すると生命に関わることもある危険な疾患。ここでは虫歯が引き起こす感染症について詳しくお伝えします。

続きを読む

歯周病が血管を詰まらせる?ほんとは怖い動脈硬化との関係性

動脈硬化とは血液を送る血管の壁が厚く硬く狭くなって、弾力性が失われた状態のことを言います。血流が滞り血栓が生じることで心疾患や脳血管疾患など様々な健康障害を引き起こします。以前より、動脈硬化は高血圧や喫煙などのリスクファクターに対し注意喚起されてきましたが、実は歯周病が関与している見方もあります。今回は動脈硬化と歯周病の関係性についてご紹介します。

続きを読む

歯周病が原因だった?早産・低体重児のリスクについて

女性にとって大切なライフイベントである「出産」。誰もが健康な赤ちゃんを授かることを望んでいますよね。妊婦さんにとって驚く事実があるのですが、お口の中の歯周病が原因で早産や低体重児出産を引き起こす可能性があります。出産と歯周病は一見関係がないように感じます。お口の問題と早産や低体重児出産関係性。今回は歯周病が赤ちゃんの出産に与えるリスクについてご紹介します。

続きを読む

歯周病、歯槽膿漏、歯肉炎……よく耳にする病名の意味を解説します

歯ブラシや歯磨き粉のテレビCMなど、多くの場面で「歯周病」や「歯槽膿漏」といった言葉を耳にすることが増えました。これも、多くの人が歯の健康への意識が高まっているからだと思います。しかし、こうした言葉の違いは意外にも知られていません。それぞれの意味を正確に理解することで、あなたのお口の中の状態がより把握しやすくなるのではないでしょうか。歯の健康に関心がある方や歯茎の状態が気になる方、必読です!

続きを読む

歯磨きで歯茎が下がるトラブル「オーバーブラッシング」

「きれいな歯でいたい!」という健康意識が高いあまり、つい強く磨いてしまうことはありませんか?しっかり汚れを落とすつもりの行動が、実は歯や歯茎に悪影響をもたらしてしまうかもしれません。強く磨いてしまう「オーバーブラッシング」と、その影響について解説します。

続きを読む

歯の隙間の大きさに合わせて選べる!歯間ブラシの使い方

虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)。歯垢を落とすために大切な習慣が歯磨きですが、歯ブラシだけでは充分に磨けない場所もあります。とくに歯と歯の間(歯間、コンタクト)は、歯ブラシの毛先が通りづらく歯垢が残りがちです。そんな歯と歯の間をきれいにできるのが、歯間ブラシです。歯間の汚れや口臭が気になる方におすすめのデンタルグッズです。この記事では、歯間ブラシの種類や使い方などを紹介していきます。

続きを読む

歯間の汚れをしっかり落とす!デンタルフロスの使い方

歯磨きをしっかりしていても、歯ブラシが届きづらく歯垢(プラーク)が残りやすい場所があります。そのひとつが歯と歯の間(歯間、コンタクト)です。狭い隙間には歯ブラシが入らず、歯垢がたまって虫歯や歯周病の温床となることがあります。特に、虫歯になりやすいのが、歯間なので、歯間清掃は虫歯予防において非常に大切です。歯間の清掃に有効なのが、デンタルフロスです。歯を隅々まできれいにしたい方だけでなく、口臭が気になる方にもおすすめなデンタルフロスについての種類や使い方、使用頻度などについて紹介します。

続きを読む