歯周病が血管を詰まらせる?ほんとは怖い動脈硬化との関係性

  • LINEで送る

動脈硬化とは血液を送る血管の壁が厚く硬く狭くなって、弾力性が失われた状態のことを言います。血流が滞り血栓が生じることで心疾患や脳血管疾患など様々な健康障害を引き起こします。以前より、動脈硬化は高血圧や喫煙などのリスクファクターに対し注意喚起されてきましたが、実は歯周病が関与している見方もあります。今回は動脈硬化と歯周病の関係性についてご紹介します。

動脈硬化のリスクファクター、歯周病との関係性は?

動脈硬化を引き起こすリスクファクターとしては「高血圧」「高脂血症」「喫煙」「肥満」「糖尿病」「ストレス」などが挙げられます。これらの危険因子を複数持つ人ほど動脈硬化が進行するとも言われています。さらに近年の研究によると、これらのリスクファクターとは別の因子として、歯周病も動脈硬化進行のリスクファクターになることがわかってきました。現時点では歯周病と血管障害との明確な関連性には不明瞭な点もありますが、動脈硬化を引き起こしている血管から「歯周病菌が検出された」という報告があります。歯周病菌が血管内で何らかの悪行を働いている可能性は大いに考えられるでしょう。

歯周病が動脈硬化を進行させる?

歯周病が進行すると歯周ポケットから沢山の歯周病菌が血液内に入り込みます。すると、歯周病菌が発する毒素や炎症物質(サイトカイン)が血管内部で炎症を起こす原因となります。炎症により傷ついた血管の壁は厚みを増し、コレステロールを中心としたベタベタの脂肪分(プラーク)がたまります。それが、血管そのものを硬く狭く変化させ、血栓をつくる原因となってしまうのです。

ところが、困ったことに動脈硬化そのものには症状がありません。本人が気づかない間にじわじわと、しかし確実に血管が狭まっていき、徐々に心臓への血液の供給が少なくなります。心臓へ送る酸素や栄養も足りなくなり、やがて狭心症へ。血栓が剥がれて血管が詰まると心筋梗塞にも発展します。また、血栓が血管の壁からはがれて血流に乗り、脳の血管に達すると脳梗塞の原因にもなってしまうのです。このように、放置しておくと知らず知らずのうちに生命の危機を招く恐れがあることから、欧米では動脈硬化を「サイレントキラー(沈黙の殺人者)」とも呼ばれ恐れられています。

まとめ

厚生労働省のデータによると、日本における死因の第二位は心疾患、第四位に脳血管疾患が登場します。どちらも動脈硬化などにより血流に問題が生じ起こり得る疾患だということ。動脈硬化の予防・改善は、心疾患や脳血管疾患などの命に関わる疾患を防ぐことでもあるのです。

一般的に動脈硬化の発生を回避するためには、食生活の改善や適度な運動のほか禁煙などが有効とされていますが、さらに一歩進んだ「お口の健康」にも目を向けてみませんか。歯周病は動脈硬化や糖尿病、認知症など全身の臓器に様々な影響をもたらすことが近年の研究データで次々と明らかになってきています。早期発見と早期治療があなたの未来の健康に繋がります。まずはかかりつけの歯医者さんで歯周病のチェックを受けてみてはいかがでしょうか。

歯科医師:古川 雄亮 先生
歯科医師:古川 雄亮 先生

国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事。

歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加 2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。

[参照URL] https://www.nature.com/articles/s41598-019-51077-0

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『歯医者さんネット』を使ってみてください。

 

歯医者さんネット

 

『歯医者さんネット』は 全国6万件以上の歯科医院を検索できる日本最大級の歯科総合情報サイトです。

歯科医院の検索だけでなく、親御さんに向けた子供の歯科に関する「こどものオーラルケア」や生活で役に立つ「歯のお役立ち情報コラム」などの記事もご用意しております。


お悩みを相談が出来る歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。