歯の隙間の大きさに合わせて選べる!歯間ブラシの使い方

  • LINEで送る

虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)。歯垢を落とすために大切な習慣が歯磨きですが、歯ブラシだけでは充分に磨けない場所もあります。とくに歯と歯の間(歯間、コンタクト)は、歯ブラシの毛先が通りづらく歯垢が残りがちです。そんな歯と歯の間をきれいにできるのが、歯間ブラシです。歯間の汚れや口臭が気になる方におすすめのデンタルグッズです。この記事では、歯間ブラシの種類や使い方などを紹介していきます。

1. 歯間ブラシとは

歯間ブラシは、歯と歯の間を通るほどの細長いブラシです。ブラシ部分の素材としては、針金にナイロンの毛をつけたもの、ゴム製で柔らかいものなどがあります。主に歯と歯の間にブラシを入れ、歯垢を取り除くために使います。歯間に使用するデンタルグッズとしてはデンタルフロスもありますが、狭い隙間にも入るデンタルフロスと比べ、歯間ブラシは広い歯間に適しています。

2.歯間ブラシの種類

歯間ブラシには、ハンドルの形やブラシの素材からいくつかの種類に分かれます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

・ハンドルの形状
ストレート型
ハンドルからブラシの先までまっすぐになっているものをストレート型といいます。前歯の隙間に入れるのに適しています。

L字型
ハンドル部分はまっすぐで、ブラシ部分が直角に曲がっているものをL字型といいます。奥歯の隙間に入りやすい形状です。

・ブラシの素材
金属製
硬質な金属なので汚れをしっかりかき出すことができます。一方で、慣れていないとブラシ部分が曲がったりと操作しづらく、強くかき出しすぎると歯や歯茎を傷めることがあります。

シリコン製
柔らかいシリコンでできており、初心者でも扱いやすいのが特徴。 柔らかいため、汚れをかき出す機能は金属製に劣りますが、歯や歯茎を傷つけにくい素材です。

・歯間ブラシはサイズも7段階ある
歯間ブラシはサイズごとにも分かれており、その種類は7段階(4S、3S、SS、S、M、L、LL)もあります。面倒かもしれませんが、ご自分の歯の隙間に合わせて使い分けることで不用意に歯茎を傷つけてしまう可能性を減らすことができます。

3.歯間ブラシの使い方

・歯と歯の間
歯間に入れるときは、一方向だけでなくいろいろな方向から通しましょう。歯間に通す方向が多いほど、歯垢の除去率が上がるとされています。

・被せ物(ブリッジの隙間)
被せ物の周囲は歯垢がたまりやすい場所のひとつです。ブリッジの隙間にも歯間ブラシを入れることで、歯茎の健康を維持します。また、ブリッジの隙間にはスーパーフロスというものを活用すると効率的に歯垢を除去することが可能です。

・歯が抜けてすき間が大きくなっているところ
歯が抜けたままになっているところは、歯が抜けた隣の歯の側面(隣接面)が汚れがちです。歯間ブラシで歯の側面に沿うように磨きましょう。

4.そのほかのアドバイス

・出血が続く場合は歯医者さんへ行きましょう
歯間ブラシを使っていると出血することがあります。その原因が歯周病による炎症であれば、出血そのものは悪いことではなく、体内から菌が排出されていると考えられます。適切に歯間ブラシを使っていれば歯茎が強くなり出血しなくなりますが、なかなか出血が止まらない場合は歯医者さんで相談することをおすすめします。

・すき間が狭いところに無理やり入れない
歯間ブラシのサイズを選ぶときは、歯と歯の隙間より小さく、スッと通るものを選んでください。隙間より大きな歯間ブラシを無理やり入れると、歯自体が傷んだり歯茎が下がったりする恐れがあります。

・歯列矯正中の方にもおすすめ
普通の歯ブラシでは磨きづらい矯正装置の周りも、歯間ブラシであれば装置と歯の間に通りやすくなります。また、タフトブラシの使用もお勧めです。

歯間ブラシはタイプやサイズなどにより、さまざまな種類があります。歯間のスペースに合わせたサイズを選んで使用することが大切です。ご自身に合った歯間ブラシを選び、ぜひ歯間の掃除を習慣にしてみてください。適切な歯間ブラシが分からなければ、かかりつけの歯医者さんに質問してくださいね!

歯科医師:古川 雄亮 先生
歯科医師:古川 雄亮 先生

国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事。

歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加 2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。

[参照URL] https://www.nature.com/articles/s41598-019-51077-0

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『歯医者さんネット』を使ってみてください。

 

歯医者さんネット

 

『歯医者さんネット』は 全国6万件以上の歯科医院を検索できる日本最大級の歯科総合情報サイトです。

歯科医院の検索だけでなく、親御さんに向けた子供の歯科に関する「こどものオーラルケア」や生活で役に立つ「歯のお役立ち情報コラム」などの記事もご用意しております。


お悩みを相談が出来る歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。