歯間の汚れをしっかり落とす!デンタルフロスの使い方

  • LINEで送る

歯磨きをしっかりしていても、歯ブラシが届きづらく歯垢(プラーク)が残りやすい場所があります。そのひとつが歯と歯の間(歯間、コンタクト)です。狭い隙間には歯ブラシが入らず、歯垢がたまって虫歯や歯周病の温床となることがあります。特に、虫歯になりやすいのが、歯間なので、歯間清掃は虫歯予防において非常に大切です。歯間の清掃に有効なのが、デンタルフロスです。歯を隅々まできれいにしたい方だけでなく、口臭が気になる方にもおすすめなデンタルフロスについての種類や使い方、使用頻度などについて紹介します。

1. デンタルフロスとは

デンタルフロスは、歯ブラシの毛先の届きにくい歯と歯の間を磨くためのデンタルケアグッズです。細いナイロン繊維を歯間に通し、歯に付着した歯垢や歯周ポケットに存在する歯垢を取り除きます。歯磨きに加えてデンタルフロスで歯間を磨くと口内がよりきれいになります。

2.形状や機能が異なるデンタルフロスの種類

デンタルフロスには、形が違うさまざまな種類が存在します。大きく分けると、糸だけを使う「糸巻きタイプ」、ホルダーがついていて操作しやすい「ホルダータイプ」があります。デンタルフロスの使用に苦手意識がある場合、ホルダータイプをお勧めします。

・糸巻きタイプ
ワックス
繊維がコーティングされているので、歯と歯の間に入りやすくなっています。また、繊維が切れにくいという特徴もあります。

ノンワックス
細い繊維が広がり、歯の表面をしっかりなぞってきれいにします。使用中に引っかかると繊維が切れやすいので、大きな詰め物がないところでの使用がおすすめです。

エクスパンド
歯間に繊維を通すと、スポンジのように膨らんで汚れを絡め取ります。糸巻きタイプの中でもとくに汚れを落とせるタイプですが、糸が太いため歯間が狭いところには通りにくい場合があります。

・ホルダータイプ
F字型
持つ部分がF字になっており、前歯をフロッシングしやすい形です。

Y字型
持つ部分がY字になっており、奥歯をフロッシングしやすい形です。

3.タイプ別・デンタルフロスの使い方

・糸巻きタイプ
操作がやや難しい糸巻きタイプ。慣れないうちは鏡を見ながらゆっくりフロッシングしてみてください。
まずはフロスの長さを40cmほどで切ります。指先から肘あたりまでがおよそ40cmなので、参考にしてみてください。切ったフロスの片方を左手の中指に数回巻きつけ、右手中指にも同じように巻きつけます。このとき、糸の長さが10cmくらいになるとよいでしょう(男性は15cmくらい)。両手の親指と人差し指でつまんで糸を張り、歯と歯の間に通してください。歯に巻きつけるようにして糸を上下させ、歯垢を落とします。上顎の奥歯のように手を入れづらいところは、上向きにした両手の人差し指で糸を張るなど持ち方を変えます。

・ホルダータイプ
歯と歯の間にデンタルフロスを通し、ゆっくり横に動かしながら歯茎の方まで入れていきます。奥まで入ったら今度は上下に動かします。このとき、歯と歯の隣接する側面(隣接面)についた汚れを落とすことを意識してみてください。歯間から取り出すときは、再び横に動かしながらゆっくり抜き取ります。

4. デンタルフロスが活躍するタイミングや場面

デンタルフロスを使う適切なタイミングや場面などについて解説します。

・使用頻度は1日1回
歯垢は2~3日ほどには硬くなり、取りにくくなってしまいます。1日1回はデンタルフロスで歯間をきれいにすることで、歯垢がたまりにくい口内環境になります。

・使用するタイミングは就寝前の歯磨き後
口内の細菌は寝ている間に増殖する傾向があるので、就寝前にデンタルフロスをして細菌の塊である歯垢を取っておくのがおすすめです。また、歯磨きも寝る前に行い、全体をきれいにした後に仕上げとしてデンタルフロスを使うとよいでしょう。デンタルフロスや歯間ブラシを行ってから歯磨きしても構いません。

・子供の虫歯予防にも効果的
乳歯や生えたばかりの歯は歯質が弱いため、虫歯になりやすいです。デンタルフロスで虫歯のリスクを軽減しましょう。生えたばかりの歯はワンタフトブラシがおすすめです。自分でうまく使えない場合は、親御さんが歯磨きの仕上げとしてフロッシングしてあげてください。

・使い方がわからなければ歯医者さんで相談しましょう
普通の歯ブラシとは使い方が異なり、うまく歯間を磨けない場合もあります。歯医者さんではデンタルフロスの正しい使い方を教えてくれるので、相談してみてください。定期的に歯科医院を受診して、常にお口の中を清潔に保ちましょう。

歯科医師:古川 雄亮 先生
歯科医師:古川 雄亮 先生

国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事。

歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加 2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。

[参照URL] https://www.nature.com/articles/s41598-019-51077-0

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『歯医者さんネット』を使ってみてください。

 

歯医者さんネット

 

『歯医者さんネット』は 全国6万件以上の歯科医院を検索できる日本最大級の歯科総合情報サイトです。

歯科医院の検索だけでなく、親御さんに向けた子供の歯科に関する「こどものオーラルケア」や生活で役に立つ「歯のお役立ち情報コラム」などの記事もご用意しております。


お悩みを相談が出来る歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。