妊婦さんも歯科治療は可能?歯科検診などについても解説

  • LINEで送る

お腹に赤ちゃんができると、初期ではつわりがひどかったり、後期にはお腹が大きくなり自由な姿勢を取れなかったりと、何かと不自由を強いられます。そうした中で歯の治療を受けることは可能なのでしょうか?また、妊婦さんのための歯科検診が存在するのかも気になるところです。妊娠中でも楽に歯を治療できるタイミングや、治療を受けるときの注意点、さらには自治体で行なわれている妊婦さんの歯科検診についてご紹介します。妊娠中の方や、子どもが欲しいと考えている女性の方、ぜひ参考にしてみてください!

1. 妊娠中の歯科治療、いつ受けるのがベスト?

・妊娠初期(妊娠0~15週)
妊娠初期はつわりがひどく、歯ブラシを入れるだけでも苦しくなることがあります。この時期の歯科治療や薬の服用は赤ちゃんの発育にも影響が出やすい時期です。医者さんでは口の中に器具を入れることが多いので、虫歯がどうしても痛むというときだけ診察を受けてください。つわりが軽いときを見計らって通院するのもよいでしょう。

・妊娠中期(妊娠16~27週)
この時期は「妊娠安定期」とも呼ばれ、つわりが治まってきています。歯科治療においてもお腹の赤ちゃんへの影響がもっとも小さい時期と考えられるので、緊急性のない治療は妊娠中期で治療することが多いです。また、歯に異常を感じていなくても、少なくとも妊娠安定期の間には歯科検診を受けることが大切です。再び治療が辛くなる妊娠後期に入る前に、虫歯や歯周病などの兆候がないかチェックしてください。

・妊娠後期(妊娠28~39週)
お腹が大きくなり、母体に負担がかかってきます。歯医者さんで治療を受けるときもあおむけの姿勢でいるのが辛くなるので、応急処置にとどめて出産後に改めて治療するという選択肢もあります。

2. 治療するときに気をつけたいこと

つわりが治まる安定期を選んで治療するほか、妊婦さんが気になる点、気をつけたい点について解説します。
歯の治療ではレントゲン撮影をすることがありますが、歯科では顔の範囲を撮影し、基本的に防護服をつけて撮影するので、お腹の赤ちゃんへの影響は非常に少ないと考えられます。麻酔も、範囲を限定した局部麻酔であれば、お腹の赤ちゃんに影響は少ないといわれています(麻酔薬の中に、シタネストという薬がありますが、こちらの薬は分娩作用があるため、妊婦さんには原則使用しません)。鎮痛剤などのお薬については、医師に妊娠中であることを伝えてください。妊娠中はカロナールという薬を処方することが多いです。不安が拭えないことがあれば、医師にはっきり伝えましょう。出産までは応急処置で済ませるなど、妊婦さんの意向に沿った提案をしてくれます。

3. 妊婦さんの歯科検診は無料で受けられることも

妊婦さんの検診項目は、主に虫歯や歯石の有無、口内の衛生状態のチェックなどになります。自治体によって検診の費用は無料のことが多いですが、検診で治療が必要と判断された場合は、基本的に保険診療の範囲で費用を皆さんが負担することになります。自治体によって妊婦さんの歯科検診の内容や条件が異なる可能性があるので、必ず確認してください。

一番大切なことは妊娠の有無にかかわらず、歯医者さんに定期的に通院することです。虫歯や歯周病が自覚症状無しに進行している場合があります。生まれてくる赤ちゃんを虫歯から守るためにも、定期的に歯医者さんを受診して口腔内を清潔に保っておけば、妊娠中に虫歯や歯周病になるリスクが下がり、緊急性のある治療も少なくなりますよ。歯医者さんを上手に活用して、口の中の健康が妊娠中に悪くならないように心がけましょう。

歯科医師:古川 雄亮 先生
歯科医師:古川 雄亮 先生

国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事。

歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加 2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。

[参照URL] https://www.nature.com/articles/s41598-019-51077-0

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『歯医者さんネット』を使ってみてください。

 

歯医者さんネット

 

『歯医者さんネット』は 全国6万件以上の歯科医院を検索できる日本最大級の歯科総合情報サイトです。

歯科医院の検索だけでなく、親御さんに向けた子供の歯科に関する「こどものオーラルケア」や生活で役に立つ「歯のお役立ち情報コラム」などの記事もご用意しております。


お悩みを相談が出来る歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。