歯磨きをして歯茎から血が出たときのお家でできるケア

  • LINEで送る

「歯磨きをしていたら出血した!」そんな経験をした方は多いと思います。痛くないとそのまま放置しがちですが、もしかしたら歯周病のサインかもしれません。歯周病を改善するための、おうちでできるケアの方法をご紹介します。

1. ほっときがちな歯磨きによる出血

歯磨きで歯茎から出血した場合、歯周病の可能性が高いといえます。歯周病は細菌により歯茎が炎症を起こしている病気で、歯磨きで出血するということはそれだけ歯茎が炎症を起こしている状態です。

しかし、歯周病はサイレントキラーといわれますが、みなどの自覚症状が少ないので、出血しても放置してしまいがちです。出血が続いた場合、まずは歯医者さんで診てもらいましょう。

2. 歯茎から血が出たら歯磨きを止めた方がいいの?

歯茎から出血があった場合は、歯周病が疑われます。歯周病は口内の細菌が原因となりますが、その細菌が集まって歯茎についたプラーク(歯垢)を除去する必要があります。このプラークを磨き落とす上で、ご自身での歯磨きは重要です。

歯磨きで出血した場合もブラッシングを止せず、プラークの除去に努めましょう。磨かずに放置してしまうと、歯周病が悪化するほか、口臭が発生する原因にもなります。

3. お家ケアといってもどうすればいいの?

おうちケアの基本となる歯磨きは、歯ブラシで優しく揉むようにして磨きましょう。ゴシゴシ磨くような強い刺激は避け、毛先を歯と歯の間にフィットさせ歯茎を揉むイメージで小刻みにシャカシャカと動かします。このほかに、デンタル・ウォッシュも併用して口の中の細菌を減らすことも効果があります。

また、日常生活を見直すことも大切です。喫煙やアルコール摂取の習慣化は歯周病のリスクを高めます。食事もプラークを作る元となる砂糖の入った菓子類を控えて繊維性の食べ物を多く摂取するなどの工夫が必要になります。

4. 健康な歯茎のセルフチェック

ここまで、歯茎が出血したときのおうちケアについて見てきました。さて、あなたの歯茎はいまどのような状態でしょうか?健康状態を知るためにセルフチェックをしてみましょう!このような状態であれば、歯茎は健康な状態だといえます。

・歯茎の色がピンク色で引き締まっている

・歯を磨いても出血しない、痛みがない

・歯茎や顔が腫れていない

・口臭がない(あるいは指摘されていない)

逆に、歯茎が赤く腫れていたり、歯を磨いて出血があったりした場合は要注意です。歯茎に何らかの症状があれば、歯医者さんに相談しましょう。歯周病は発見が早いほど、簡単な治療で改善します。

歯周病は気づかずに進行する怖い病気です。何も症状がないときから歯科医院を受診することをおすすめします。

歯科医師:古川 雄亮 先生
歯科医師:古川 雄亮 先生

国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事。

歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加 2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。

[参照URL] https://www.nature.com/articles/s41598-019-51077-0

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『歯医者さんネット』を使ってみてください。

 

歯医者さんネット

 

『歯医者さんネット』は 全国6万件以上の歯科医院を検索できる日本最大級の歯科総合情報サイトです。

歯科医院の検索だけでなく、親御さんに向けた子供の歯科に関する「こどものオーラルケア」や生活で役に立つ「歯のお役立ち情報コラム」などの記事もご用意しております。


お悩みを相談が出来る歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。