保険診療で白い被せ物(CAD/CAM冠)が選べるのをご存知ですか?

  • LINEで送る

虫歯の治療で銀歯(金属の被せ物)を入れたものの、見た目が気になっていませんか。銀歯は笑ったときに目立ってしまい、特に女性は銀歯でなく白い歯にしたいとお考えの方が多いと思います。また、金属アレルギーで銀歯を入れることにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
一時期、白い見た目の被せ物は保険診療の対象にならず、自己負担100%でした。しかし、現在、医療制度が変わり、前歯から数えて4・5番目の奥歯(小臼歯)にはハイブリッドレジン冠というセラミックとプラスチックを混ぜた被せ物(CAD/CAM冠)も保険診療の中で治療を受けることが可能です。

セラミックやジルコニアなどの陶材(とうざい)単独の被せ物よりは見た目は劣りますが、それでも金属やプラスチック単独に比べれば綺麗な被せ物となっています。以下、保険が適用される条件や費用についてご紹介します。

1. 保険が適用される白い被せ物(CAD/CAM冠)

2014年(平成26年)から、ある特定の条件のもとで、白い被せ物が保険適用になりました。上述の通り、上下の小臼歯(前から数えて4・5番目の歯)に限定されていましたが、年々適用の範囲が広がり、現在は下の第一大臼歯(前から6番)も適用されます。また、金属アレルギーの方であれば、上下の第一大臼歯と第二大臼歯(前から6・7番)にも保険が適用されます。
白い被せ物は、コンピューターによって設計から加工まで行なうCADで被せ物のデザインを行いCAMで主にレジンとプラスチックの合成材料を削り出し作製します。

2.CAD/CAM冠治療の注意点

・治療できる歯医者が限られる
CAD/CAM装置で被せ物を作ることができるのは、厚生労働省の認可を受けた歯医者のみとなります。そのため、治療を受けられる歯科医院が限られます。

・金属アレルギーの診断書が必要な場合がある
金属アレルギーの方が対象となる部位を白い被せ物に変えたい場合は、診断書が必要になります。金属アレルギーかどうかを診断するときには、パッチテストが使用されます。

・銀歯に比べ歯を削る量が多くなる
金属に比べ厚みがある程度必要なため、銀歯の被せ物に比べると歯を削る量が多くなります。

・自費で使用できるセラミックやジルコニアと比較すると劣化が早い
白い被せ物といっても、セラミックとプラスチックを混ぜた材料で作製しています。です。自費診療のセラミックやジルコニアに比べると比較的劣化しやすいので、再治療の可能性が高くなります。

・あくまでも被せ物が対象で詰め物は対象外
歯の一部をカバーしている詰め物は、保険適用の対象外になります

3. CAD/CAM冠の費用(概略)

保険適用のケースで、被せ物の完成時に発生する1本あたりの費用になります。このほか、型取りに必要な費用などが発生します。3割負担は、保険が適用された場合の一般的な割合です。下記は被せ物のみの代金の目安より、歯を削ったり装着するための代金は含まれません。

3割負担…5,000円
2割負担…10,000円
1割負担…15,000円

*上記、CAD/CAM冠作製の手技料と形成料のみを含む。その他、装着料や、管理料を含むと、1歯あたりトータルで10,000円(3割負担)以上かかることもある。

4. CAD/CAM冠のまとめ

銀歯の見た目でお悩みの方も、保険適用で白い被せ物に変えられる可能性があります。ただし、対象となる歯が一番奥の歯(大臼歯)であったり、金属アレルギーの有る無しなどで制限がかかることがあります。かかりつけの歯科医院にといあわせをし、適用条件を知ったうえで、白い被せ物を検討されてみてはいかがでしょうか。

歯科医師:古川 雄亮 先生
歯科医師:古川 雄亮 先生

国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事。

歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加 2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。

[参照URL] https://www.nature.com/articles/s41598-019-51077-0

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト(審美)

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『審美歯科ネット』を使ってみてください。

 

審美歯科ネット

 

「審美歯科ネット」は日本最大級の審美的な歯科治療に関するポータルサイトです。

審美歯科ネットはホワイトニングなどの審美的な治療の説明から、歯科医師に無料で相談できる「相談室」、地域やロコミから探せる「医院検索」など、多数のコンテンツを用意しています。


全国の審美歯科の相談が出来る歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。