歯周病はうつる?感染する?

  • LINEで送る

歯周病はお口の中の感染症の1つで、歯周病の原因である細菌は、唾液を介して人から人に感染します。親から子供への食べ物の口移し、箸やフォーク、スプーンなど食器類の共有も感染の原因になります。

どんな経路で歯周病はうつるのか?

・スキンシップによる感染

歯周病の細菌は、唾液を介すことで感染するので、パートナーや親子のスキンシップなどによって、感染します。

・食器類の共有による感染

家族、特に親子間で箸やフォーク、スプーンを共有することで歯周病菌に感染します。

歯周病をうつさないためにはどうすればいいのか?

親子間の場合、自分が使った箸やフォーク、スプーンで子供に食べさせないことです。また、自分の口の中に入れたものを子供に食べさせない、自分が噛んだものを子供に食べさせないなど、歯周病菌の感染原因となる唾液を親から子供にうつさないようにするが予防法の1つとなります。 しかし、口移しは親子の大切なスキンシップの一つでもあります。なので、できるだけ歯周病菌が感染しないように、普段から歯科医院を受診することが肝になります 。

歯周病菌をうつしてしまったときは、どうすればいいのか?

歯周病の細菌が感染したとしても、必ずしも発症するとは限りません。そもそも、会話しているだけで飛んだ唾液により感染する可能性もあります。完全に感染しないようにすることは非常に難しいです。

歯周病の症状は、不十分な歯磨きやストレスなどによる免疫力低下などの要因で出現すると言われています。歯周病の直接的な原因は、不十分な歯磨きによって、歯と歯の間や、歯と歯茎の境目に残った歯垢(プラーク)に含まれる細菌です。

目に見えないほどの小さな歯垢でさえ、約10億個の細菌が含まれているといわれています。もっとも大切なことは歯垢を除去しお口の中を清潔に保つための歯磨きです。大切な人に歯周病をうつさないためにも、日頃から正しい歯磨きによるセルフケアに加え、歯医者さんで定期的なメンテナンスを受けましょう。

監修歯科医師

歯科医師:古川 雄亮 先生

歯科医師:古川 雄亮 先生

国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事。

歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加
2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。
[参照URL] https://www.nature.com/articles/s41598-019-51077-0

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『歯医者さんネット』を使ってみてください。

 

歯医者さんネット

 

『歯医者さんネット』は 全国6万件以上の歯科医院を検索できる日本最大級の歯科総合情報サイトです。

歯科医院の検索だけでなく、親御さんに向けた子供の歯科に関する「こどものオーラルケア」や生活で役に立つ「歯のお役立ち情報コラム」などの記事もご用意しております。


お悩みを相談が出来る歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。