歯周病とは?

  • LINEで送る

歯周病は、歯肉炎と歯周炎を総称したものであり、歯周病の原因となる細菌が主な原因で歯を支える骨(歯槽骨)や歯茎(歯肉)が無くなっていく感染性の病気です。

別名「サイレントキラーディジーズ(静かな殺し屋)」とも呼ばれ、虫歯のように痛みなどの自覚症状が無いことも多いです。気付かないうちに歯周病の症状は進行し、重度になると歯が抜け落ちるだけでなく、全身にも影響が及ぶことがあります。 日本人の約8割が歯周病に罹っており、生活習慣病の1つに挙げられています。また、歯を失う原因の1位が歯周病というデータもあります

歯周病の原因は?

歯肉炎や歯周病を含む歯周病の原因は、口の中の細菌が作る歯垢(プラーク)です。歯と歯茎の間の溝(歯周ポケット)に溜まりやすく、歯を適切に磨けていないと歯垢(プラーク)が取り除けないため、細菌も増殖し、歯茎に炎症が起きてしまいます。

歯周病になったらどうすればいいのか?

歯周病は細菌の塊の歯垢(プラーク)による歯茎のみの炎症(歯肉炎)でとどまっている状態から、症状が進んで歯槽骨が溶けている歯周炎まであります。ほとんどの歯周病は虫歯のように痛みなどの自覚症状が出たり、突然歯が抜けたなどの重度の症状が出ることは少ないですが、気づかないうちに急速に進行していく病気です。

自覚できるほど重度になってから歯医者さんに駆け込むのではなく、日ごろから歯医者さんでの定期通院による歯周病予防がとても大切です。

歯周病の症状

歯周病になると歯茎が赤くブヨブヨな状態となり、歯磨きをしているときに歯茎から出血するといった症状が起こります。重度の歯周病になると、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けて歯が大きく動揺し、最終的に歯が抜けてしまった、ということもあります。

歯周病チェックリスト:こんな症状はありませんか?

・ 歯茎が腫れている

・ 歯茎が赤くブヨブヨする

・ 歯磨きをすると血が出る

・ 歯茎がむず痒い感じがする

・ 体調が悪いと歯が浮いたような感じがすることがある

・ 口臭が気になる

・ 朝起きたとき、口の中がネバネバする

・ 歯茎から膿が出る

・ 硬いものが食べにくい

・ 硬いものを噛むと痛い

・ 歯がグラグラする

・ 歯が伸びた気がする(歯茎が下がった気がする)

どうでしたか?1つでも当てはまることがあり、歯医者さんに行っていないのであれば、早めに歯医者さんで歯周病の検査と治療を受けることをおすすめします。

監修歯科医師

歯科医師:古川 雄亮 先生

歯科医師:古川 雄亮 先生

国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事。

歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加
2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。
[参照URL] https://www.nature.com/articles/s41598-019-51077-0

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『歯医者さんネット』を使ってみてください。

 

歯医者さんネット

 

『歯医者さんネット』は 全国6万件以上の歯科医院を検索できる日本最大級の歯科総合情報サイトです。

歯科医院の検索だけでなく、親御さんに向けた子供の歯科に関する「こどものオーラルケア」や生活で役に立つ「歯のお役立ち情報コラム」などの記事もご用意しております。


お悩みを相談が出来る歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。