虫歯予防に効果?ガムの上手な活用の仕方

  • LINEで送る

近頃では、虫歯防止の効能をうたう「ガム」も多く発売されるようになりました。これらのガムはいったいどのような効果があるのか、またその上手な取り入れ方をお伝えします。

どんなガムを選んだらよいの?

虫歯を防ぐ目的でガムを噛むのなら、まず大切なのはガムの選び方です。糖類の入っていないものを選ぶこと!糖は虫歯菌の大好物なので避けることが肝要。

次に柑橘系ガムのようにクエン酸などが含まれているものも避けること。虫歯菌は口の中が酸性になった時に活発になるので、こうしたガムもかえって虫歯の原因になってしまいます。虫歯予防に効果のある代表的な成分は、キシリトールやリカルデント。キシリトールやリカルデントの表記があれば、虫歯予防の期待できるガムといえます。

キシリトールとリカルデントの作用

虫歯のメカニズムは、口の中の虫歯菌が炭水化物(糖類)を代謝し酸を出することで、歯のエナメル質を溶かし穴が開くことです。虫歯を予防する成分であるキシリトールは、虫歯菌が代謝できないため、虫歯菌の増殖を抑える効果があるといわれています。

一方、リカルデントという成分には、虫歯菌の出す酸が溶かした部分を「再石灰化」する効果があるといわれています。虫歯予防にも、その成分によってどんな効果があるのか、頭に入れたうえで取り入れたいですね。

ガムを噛むタイミングって?

ガムでの虫歯予防を考える際に、まず大切なのは、ガムを噛むことはあくまで歯磨きの補助的な役割であると認識することです。虫歯予防には、やはり一番はきちんと毎食後と夜寝る前に歯をしっかりと磨くことです。歯ブラシに加え、歯間ブラシやフロス、洗口液なども活用しましょう。

ガムを噛むタイミングでおすすめなのは、食事の後。食事の後はお口の中が酸性に傾いています。キシリトールガムやリカルデントガムを噛むことで、唾液が分泌されるので、口の中が中性に傾き歯の脱灰が抑制されます。

注意して欲しいのが、ガムによる積極的な虫歯予防を期待するには1日に10個以上のタブレットを噛む必要があるということです。実際に北欧での研究報告もあります。結構な量なので、難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。やはり基本はセルフケアと歯科医院への定期通院です。ガムを噛むことは唾液の分泌を促進するので、少量でも虫歯を予防する効果は少なからずあります。ガムはあくまでも補助的なものとして活用しましょう。

監修歯科医師

歯科医師:古川 雄亮 先生

歯科医師:古川 雄亮 先生

国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事。

歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加
2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。
[参照URL] https://www.nature.com/articles/s41598-019-51077-0

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『歯医者さんネット』を使ってみてください。

 

歯医者さんネット

 

『歯医者さんネット』は 全国6万件以上の歯科医院を検索できる日本最大級の歯科総合情報サイトです。

歯科医院の検索だけでなく、親御さんに向けた子供の歯科に関する「こどものオーラルケア」や生活で役に立つ「歯のお役立ち情報コラム」などの記事もご用意しております。


お悩みを相談が出来る歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。