もしかして!その歯の変色は初期虫歯?虫歯の進行状態CO〜C4について

  • LINEで送る

もしかして!その歯の変色は初期虫歯?

学校の歯科検診で、歯医者さんが口の中を見ながら、「C1」とか「C2」などと言ってるのを聞いたことありませんか?謎の呪文のようなこの言葉、これは虫歯の進行状態を表しているのです!!

虫歯の進行度

虫歯の進行状態は、CO〜C4の5段階に分類されています。

  • C0[シーオー]初期
  • C1[シーワン]中期
  • C2[シーツー]後期前半
  • C3[シースリー]後期後半
  • C4[シーフォー]末期

「C」は英語で言う「虫歯:caries」の「C」です。虫歯の進行度合いは、数字で表されています。C1ではまだ、歯に穴があいている状態ではありますが、痛みはありません。C2あたりで痛みを感じるようになってきます。C3C4になってくると、痛みも激しくなり、最終的には歯を抜かなければいけなくなってしまうこともあります。

初期虫歯なら治療しなくて済むかも?

C0と言われる虫歯のごく初期の段階であれば、治療をせずに経過観察をする場合が多いです。このC0の状態はどんなものかというと、歯の表面が白く濁ったような色がついていたり、溝が茶色になっていたりします。触っても穴はないので、歯の着色汚れのようにも見えますが、これは穴があく一歩手前の状態です。この段階できちんと歯医者さんで検診を受け、しっかりケアをして歯の再石灰化を促進すれば、歯を削らずに済むかもしれません。

「なんだか歯が汚れているけど穴も痛みも無いから大丈夫。」と放っておくと、どんどん虫歯が進行してしていってしまいます。歯の色に異変を感じたら、早めに歯医者さんで見てもらいましょう!

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『歯医者さんネット』を使ってみてください。

 

歯医者さんネット

 

『歯医者さんネット』は 全国6万件以上の歯科医院を検索できる日本最大級の歯科総合情報サイトです。

歯科医院の検索だけでなく、親御さんに向けた子供の歯科に関する「こどものオーラルケア」や生活で役に立つ「歯のお役立ち情報コラム」などの記事もご用意しております。


お悩みを相談が出来る歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。