歯が痛くなったときお家で出来る対処法

  • LINEで送る

「歯が痛い」といってもその症状はいろいろあります。ここでは具体的な痛みと対象方法をご紹介します!!

冷たい水がしみる知覚過敏

冷たい水がしみるなら、知覚過敏かもしれません。
知覚過敏とは、歯周病、虫歯、過剰なブラッシング圧などにより、歯の最表層(エナメル質)が失われ、象牙質やセメント質が露出したことによる一過性の痛みを指します。自宅での対応としては、冷水でなく常温で口をゆすいで、知覚過敏用の歯磨き粉でプラークコントロールをしましょう。歯ブラシで強く磨くことも控えましょう。歯医者さんでも、知覚過敏用の薬がありますが、場合によって詰め物をしたりして刺激を遮断して治療します。どうしても症状が緩和されない場合、歯の神経を除去する治療を行います。

虫歯で知覚過敏の症状が現れることも多いです。
対応方法は、基本的に上記と同じです。虫歯は自然治癒することはなく、治療しないと治らないため、出来るだけ早く歯医者に行きましょう。

歯茎がやせてきた

プラークコントロールが不十分であることによる炎症によって、歯を支える骨や歯茎が下がる歯周病が主な原因です。この場合、歯茎からの出血を気にしすぎず、ブラッシングをしっかりと行うようにしてください。歯医者さんでは、歯石を取り除き、歯周病の原因となるプラークのコントロールをし、知覚過敏の薬を塗って症状が改善するのを待ちます。

歯ブラシだけではなく、歯ブラシ、フロス、歯間ブラシなども利用して、口の中を清潔に保ちましょう。そして、早急に歯医者さんに行きましょう。ちなみに、歯医者さんでは、歯周病で痛みや腫れなどの症状が急に出た場合、歯茎を切開して膿を出したり、抗生物質を服用したりします。歯が大きく動揺して入れば、抜歯になることもあります。

噛むと痛い

虫歯や歯周病の菌によって歯髄炎や歯根膜炎が進行したり、神経を取った歯の根っこが炎症を起こした根尖性歯周炎が起きていると、噛むと痛みが出ることがあります。自宅での対応としては、鎮痛剤を服用したり、もしくは患部を冷やして痛みを和らげましょう。歯医者さんでは噛み合わせの調整に加えて、歯の神経の治療や歯周病の治療、もしくは抜歯を行う場合もあります。

歯の痛みの多くは虫歯や歯周病の菌が原因で起こるため、自然に治ることがはありません。早めに歯医者さんへ行くことを強くおすすめします。

監修歯科医師

歯科医師:古川 雄亮 先生

歯科医師:古川 雄亮 先生

国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事。

歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加
2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。
[参照URL] https://www.nature.com/articles/s41598-019-51077-0

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト(審美)

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『審美歯科ネット』を使ってみてください。

 

審美歯科ネット

 

「審美歯科ネット」は日本最大級の審美的な歯科治療に関するポータルサイトです。

審美歯科ネットはホワイトニングなどの審美的な治療の説明から、歯科医師に無料で相談できる「相談室」、地域やロコミから探せる「医院検索」など、多数のコンテンツを用意しています。


全国の審美歯科の相談が出来る歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。