女性ほど歯周病にかかりやすい?

  • LINEで送る

歯周病は自覚症状がほとんどないまま進行し、ひどくなると歯がグラグラと揺れたり抜けてしまう怖い病気です。最近では、歯周病が女性ホルモンと深く関係していることもわかってきており、思春期と妊娠・出産、更年期といったホルモンバランスの変化から、女性のほうが歯周病になりやすいとも言われています。

女性ホルモンと歯周病の関係

・思春期

この時期は女性ホルモンが作られ始めることから月経のたびに歯茎が腫れやすくなります。

女性ホルモンを餌にする歯周病原細菌が増えることにより、歯周病になりやすいと考えられています。

・妊娠・出産

妊娠中は女性ホルモンが大量に分泌されます。女性ホルモンの1種エストロゲンを好む歯周病の細菌が増えることで歯肉炎になりやすくなります。妊娠中も思春期と同様に、歯茎の腫れや歯肉炎になりやすいのは、女性ホルモンが増えるからです。また、つわりによって決まった時間に十分に歯磨きが難しいことから、歯周病を起こしやすい環境になりやすいです。また、歯周病菌が血管内に入り込むと、早産・低体重児になる確率が上がります。

・更年期

女性ホルモンが低下する更年期では、ホルモンバランスが乱れることだけでなく、唾液の分泌も減少します。口の渇きを感じるドライマウスの人が増える傾向にあります。唾液分泌量が低下することから、歯周病が進行しやすくなります。

妊娠中の歯周病予防

・体調が良い時間に、丁寧な歯磨きと歯科医院への通院を

歯周病の予防には、プラークコントロールが重要です。しかし、妊娠中はつわりや体調から決まった時間に歯磨きができない方が多いのではないでしょうか。つわりがひどくて歯磨きができない方は、体調が良い時間に、丁寧な歯磨きを心がけましょう。臭いに敏感な妊婦さんは、歯磨き剤なしで歯ブラシに何も付けずに磨くと良いでしょう。また、歯ブラシを口に入れると気分が悪くなる方は、子供用の小さな歯ブラシを使うことで軽減されます。

妊娠中でもお口の中のメインテナンスは重要です。つわりなどで、セルフケアが怠りがちになるので、歯科医院でメインテナンスをしっかりと受けましょう(妊娠時期によっては、赤ん坊や母体への影響を考慮し、座った姿勢での治療や、応急処置のみに留めることもあります)

・こまめな水分補給と保湿を

妊娠中、食事をうまく摂れないことやストレスから、なにかと口の中が乾燥しがちになる傾向があります。しかし、口の中が乾燥していると歯周病の原因の細菌が繁殖しやすくなるため、人間の身体は水の容器です。食事は摂取できなくても、水分はしっかりと摂りましょう。また、口の中を潤すために、保湿剤を活用することをおすすめします。

監修歯科医師

歯科医師:古川 雄亮 先生

歯科医師:古川 雄亮 先生

国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事。

歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加
2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。
[参照URL] https://www.nature.com/articles/s41598-019-51077-0

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『歯医者さんネット』を使ってみてください。

 

歯医者さんネット

 

『歯医者さんネット』は 全国6万件以上の歯科医院を検索できる日本最大級の歯科総合情報サイトです。

歯科医院の検索だけでなく、親御さんに向けた子供の歯科に関する「こどものオーラルケア」や生活で役に立つ「歯のお役立ち情報コラム」などの記事もご用意しております。


お悩みを相談が出来る歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。