お口の中から膿が。。歯根嚢胞(しこんのうほう)の原因と治療法、対処法について

  • LINEで送る

歯根嚢胞(しこんのうほう)というものを知っていますか。口の中から膿が出るという恐ろしい病気です。口臭に関連しますし、潰すと黄色い膿や血が出てきます。歯茎におできのようなふくらみ(専門用語でフィステルと呼ばれるもの)ができるケースが多いです。

何故、歯根嚢胞(しこんのうほう)はできる?

歯根嚢胞(しこんのうほう)は虫歯により歯の神経が死んだ後に細菌が歯根の先(根尖)に到達するとできることが多いです。歯の神経や血管がある空洞(歯髄腔)に細菌がはびこり、免疫細胞と戦った結果、膿になります。潰すと膿が出て、酸味や苦味に近い味がし、臭いがあります。さらに進行すれば、顎骨骨髄炎を引き起こし、顔面まで腫れることもあります。最悪の場合、気道を閉塞して死に至るケースもあります。

歯根嚢胞(しこんのうほう)の治療法は袋ごと取る?

歯根嚢胞(しこんのうほう)の基本的な治療は、根っこの治療を行います。
膿を出す処置を行った後、歯の神経の治療(根管治療)を行い、薬を詰めて、土台を立てて被せ物をする流れですが、これでも治らない歯根嚢胞(しこんのうほう)の場合は、歯茎を切開して、顎の骨を削り、袋を取り除く手術(歯根嚢胞摘出術)が必要になります。取り除けば、袋のあった場所には骨ができていくケースがほとんどです。

気になるなら歯科医院を受診しましょう

歯根嚢胞(しこんのうほう)なのか、ただの歯茎の腫れなのかを個人で判断するのは難しいため、歯科医院を受診しましょう。歯根嚢胞(しこんのうほう)であれば、根っこの治療が必要になる可能性が高いですし、ただの歯茎の腫れであるなら歯周病が原因である可能性が高いため、歯周治療を受ける必要性が出てきます。セルフケアもしっかりと行いましょう。
歯根嚢胞(しこんのうほう)であれば、口臭や、歯茎からの膿があるので、人によっては非常に気持ち悪く感じるものです。

そのため、すぐに治療を行うことが望ましいでしょう。歯周病を併せ持っている場合でも、膿が出ることがありますので、放置せずに、歯科医院を受診することが得策です。

監修歯科医師

歯科医師:古川 雄亮 先生

歯科医師:古川 雄亮 先生

国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事。

歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加
2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。
[参照URL] https://www.nature.com/articles/s41598-019-51077-0

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『歯医者さんネット』を使ってみてください。

 

歯医者さんネット

 

『歯医者さんネット』は 全国6万件以上の歯科医院を検索できる日本最大級の歯科総合情報サイトです。

歯科医院の検索だけでなく、親御さんに向けた子供の歯科に関する「こどものオーラルケア」や生活で役に立つ「歯のお役立ち情報コラム」などの記事もご用意しております。


お悩みを相談が出来る歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。