歯周病にならないための3つのポイント

  • LINEで送る

日本人の8割以上が罹患(りかん)していると言われる歯周病は、かかってしまうとかなり厄介です。何故なら、一度進行してしまうと元通りに改善するのはかなり難しいからです。

適切な治療をせずに放置しているとそのまま歯周病が進行し、最終的には歯が抜けて落ちてしまいます。抜けたあとは、インプラントやブリッジ、入れ歯などの治療にお世話になっている人が大半でしょう。

歯周病で失われた組織の再生療法の研究も進んでいますが、残念ながらまだまだ発展途上で、今後の研究による発展が見込まれます。

つまり、歯周病に対して現在できる最善の対策は、歯周病になって治療を受けるのではなく、歯周病にならないようにすることである。

歯周病にならないための3つのポイント(1)定期的な歯のメインテナンス

歯周病にならないためには、歯を清潔に保つことです。毎日の歯磨きをきちんとしているから大丈夫だと思う人もいるかもしれませんが、ブラッシングだけで完全に歯垢(プラーク)を除去することはできません。

実は、自宅でのブラッシングでは丁寧に磨いたとしても、たったの5割程度しかプラークを除去できないといわれています。やがて歯石へと変わっていき、プラークが更に溜まる環境になります。この溜まった歯垢や歯石が歯周病の原因なので、歯科医院に定期的に通院し歯石やプラークを取り除いてもらうことが歯周病予防のポイントになります。

歯周病にならないための3つのポイント(2)歯石ができてしまったらスケーリング

歯磨きをきちんと行なっていたつもりでも、気がつけば歯石ができてしまっていたということも少なくないでしょう。そんな時は、スケーリング。これは歯科医院で受けるクリーニングの1つで、主に歯に付着した歯石を取り除くことですが、スケーラーという器具を一般的に使うことからこのように呼ばれています。個人によって定期的に通う頻度は異なりますが、一般的に、1ヶ月〜3ヶ月に1回、スケーリングを受けると良いとされています。

歯周病にならないための3つのポイント(3)歯周病予防効果のある歯磨き粉 や洗口液を使う

歯磨きを丁寧に行うこと以外にも、 日常でできるケアはあります。最も代表的なのは歯周病予防の効果のある歯磨き粉を使うことです。様々なものが販売されていますが、できれば歯科医院専売のものを購入すると効果が期待できます。一般的な歯磨き粉よりも値段が高いことが多いです。

他には、歯間ブラシやフロスを使って、歯と歯の間のプラークをしっかりと除去することも歯周病予防においてとても大切です。歯ブラシに加えて歯間ブラシやフロスをしっかりと使うことで口の中の80%のプラークを取り除くことができるといわれています。残りの20%は歯科医院での定期的なメインテナンスでしっかりと落として下さいね 。

監修歯科医師

歯科医師:古川 雄亮 先生

歯科医師:古川 雄亮 先生

国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事。

歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加
2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。
[参照URL] https://www.nature.com/articles/s41598-019-51077-0

  • LINEで送る

歯医者さん検索サイト(審美)

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『審美歯科ネット』を使ってみてください。

 

審美歯科ネット

 

「審美歯科ネット」は日本最大級の審美的な歯科治療に関するポータルサイトです。

審美歯科ネットはホワイトニングなどの審美的な治療の説明から、歯科医師に無料で相談できる「相談室」、地域やロコミから探せる「医院検索」など、多数のコンテンツを用意しています。


全国の審美歯科の相談が出来る歯医者さん一覧へ

SNSでもご購読できます。