2020年 2月 の投稿一覧

歯周病にならないための3つのポイント

日本人の8割以上が罹患(りかん)していると言われる歯周病は、かかってしまうとかなり厄介です。何故なら、一度進行してしまうと元通りに改善するのはかなり難しいからです。

適切な治療をせずに放置しているとそのまま歯周病が進行し、最終的には歯が抜けて落ちてしまいます。抜けたあとは、インプラントやブリッジ、入れ歯などの治療にお世話になっている人が大半でしょう。

歯周病で失われた組織の再生療法の研究も進んでいますが、残念ながらまだまだ発展途上で、今後の研究による発展が見込まれます。

つまり、歯周病に対して現在できる最善の対策は、歯周病になって治療を受けるのではなく、歯周病にならないようにすることである。

続きを読む

歯周病からはじまる!?さらに怖い病気

歯周病と言えば、人類が最もなりやすい病気としてギネスブックにも登録されているそうだ。そんな歯周病だが、多くの人は歯茎の病気や歯が抜ける病気であるとイメージを持っているのかもしれない 。

しかしながら、歯周病はとても怖い病気である 。

続きを読む

親知らずは抜歯するべきか!?

親知らず(親不知)とは前歯から数えて8番目に存在する歯のことを指していて、智歯や知恵歯などと呼ばれることもあります。
この親知らずは若いときに抜歯するケースが多く、わたしもかなり以前に歯科で手術を受けたことがあります。
では、そもそも「親知らず」とはどのような歯で、なぜ抜歯が必要なのでしょうか。

続きを読む

歯ぎしりで抜歯が必要になることも!?

歯ぎしりは睡眠中に起こる出来事なので、ご自身ではまったく知らず家族に言われて初めて気がついた方も多いのではないでしょうか。歯ぎしりがひどくなるとケースによっては、抜歯が必要になることもあります。

続きを読む

歯石とりの必要性とクリーニングに通う周期の目安について

歯石は溜まるまえに取りなさい、とよく言われます。まぜ歯石はとらなければならないのでしょうか?歯石とはそもそもどういったものなのでしょうか。それは歯と歯茎の間に出来た、石のように硬い物質です。そのままにしておけば歯周病の原因にもなってしまうため、取る必要があるのです。

続きを読む

歯を支える骨(歯槽骨)が溶ける原因は?

骨が溶ける。聞いただけでもなんだか怖いですよね。しかし実際、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶ける原因を持っている人はたくさんいるのです。それを自覚しているか、していないかだけの違いなんです。あなたもきっとその一員なのかもしれません。ここでは歯を支える骨が溶けてしまう原因について紹介します。

続きを読む

歯列矯正をしていると口臭になりやすいとかってあるの!?

歯列矯正をしているとどうしても口臭が気になるという人が大勢います。実際矯正器具をつけていると食べ物のカスがそこにたまり、綺麗に磨けない状態になり、細菌が繁殖して口臭になるわけです。

歯科矯正をしている人が口臭に悩むのはある程度仕方ないことだと言えるでしょう。しかし、そのままで過ごしていれば他人にも不快に思われますし、自分自身も嫌な思いをします。

続きを読む

歯列矯正をしていると口臭になりやすいってほんと!?

欧米では子どもが産まれた時には、歯列矯正を受けさせるためのお金を積み立てると良いと言われるくらい、歯の健康に対する意識が高いです。最近、日本でも歯に対する健康意識が高まっており、歯列矯正を行う高齢者の方も増えています。

歯列矯正を行うことで歯を正しい位置にすることができ、かみ合わせが良くなる、子供であれば顎の成長をコントロールすることができるなど、多くのメリットがあります。しかし、その反面でデメリットもあると言われているのです。

続きを読む

デンタルフロスで出来る虫歯や歯周病の予防方法とは

虫歯や歯周病は生活習慣病とも並ぶ弊害の一種です。特に虫歯などは歯磨きを怠ったせいで出来るものですが、歯周病ともなれば歯磨きをしっかりしていてもなってしまう人がいます。それは何故かと言うと、歯と歯の間の歯ブラシの届かない場所に歯垢がたまってしまい、歯石に変化し、その後虫歯や歯周病の原因となってしまうのです。

続きを読む