唇が荒れる原因とは?

唇が荒れてしまうのは、天候や気温、あなた自身の健康状態や行動などが原因かもしれません!

乾燥

唇は通常の肌よりも薄く、水分を保つ能力が低いんです。
冬などの季節に外気が乾燥することにより、唇の水分が外に逃げてしまい、唇のガサガサ、かさつき、皮むけなどにつながります。

体調不良

風邪をひいたり体調不良を起こすと、ビタミンCなどさまざまな体内の栄養素が消耗されます。
胃腸が荒れたり食欲が出なかったりすると、唇がガサガサになりやすくなります。

合わない化粧品(アレルギー)

化粧品のアレルギーによって皮膚炎を起こすことがあります。
唇が腫れる、赤くなるなど重度なアレルギーではなくても、ちょっと唇がかさつく、皮がむける、ピリピリする場合は要注意です。

また、ティントリップなど化粧品が水分を奪ってしまい乾燥することもあるようですよ。

日焼け

日焼けによって唇の水分が蒸発することで、水分を失った唇は乾燥し、カサカサになります。

また、ダメージを受けた皮膚は保水力が落ちてしまい、乾燥しやすくなりますよ。

栄養不足

無理なダイエットや食生活の乱れなどによってビタミン不足になると、唇が乾燥しやすくなります。

また、ストレスによって唇に栄養が行き渡らないというケースもあります。

唇の荒れを悪化させてしまうNG行動

乾燥が気になって唇を舐める

唇のかさつきが気になって唇をなめてしまっていませんか?

唇を舐める癖はさらなる乾燥を招いてしまいます。
舐めたときに付いた唾が蒸発するときに、唇の水分も一緒に蒸発してしまうんです。
唾に皮膚の水分を守る保湿力はないので、舐めるのはNGです。

剥けた唇の皮を噛み取ってしまう

炎症により、水分のなくなった唇の表皮がめくれてしまうことがあります。

どうしても気になるところではありますが、この皮を剥くことでまだ弱い皮膚(真皮)が出てきてしまったりとさらに荒れてしまいます。

ティントリップを落とそうと強く擦る

マスクでも落ちにくいリップやティントリップなどが人気ですが、リップがなかなか落ちなくてゴシゴシと強く擦ることはありませんか?

角層が剥がれやすい唇をこすると、さらに荒れやすくなってしまいます。

唇は病気が原因で荒れることもある

こうした原因に心当たりがないという場合、もしかしたら疾患が原因で唇が荒れているかも。
唇が荒れる症状が出る病気について紹介します。

口角炎

口の両脇にあたる口角というところに炎症が起きて、皮が剥けたりかさぶたができたりします。

口角のみならず、唇に亀裂が入る、乾燥する、といった症状も。
会話や食事など、口を開けたときに痛みが出ます。

口唇炎

乾燥や紫外線、唾液などの影響を受けて唇に炎症が起きることがあります。

口唇炎が起きている間は、飲み物や食べ物、リップクリームに触れただけでもしみるような痛みを感じます。
炎症が進むと唇の表皮が剥がれたり、出血したりすることがあります。

口唇ヘルペス

唇に小さな水ぶくれが発生し、炎症が起きている状態です。

この水ぶくれは、ヘルペスウイルスに感染したことで生じます。
唇や口の周りにチクチクするような痛みを伴い、水ぶくれがただれることがあります。

口内炎

頬の内側や歯茎、唇など、口の粘膜に炎症が起きるものです。

潰瘍や水疱などが発生し、痛みが生じます。

粘膜を思い切り噛んでしまったときなどに発症するほか、免疫力の低下や栄養不足などが原因となることもあります。

唇が荒れた場合は皮膚科がおすすめ

唇が荒れるのは大したことはない、乾燥が原因と決めつけていると実は疾患を見逃してしまうかも。

多くは乾燥が原因のため保湿が第一ですが、ちょっと荒れや痛みが長引くときは早めに受診するようにしてくださいね。

唇も皮膚の一部のため、受診は皮膚科が基本です。
自己流のケアは皮膚トラブルに繋がりますので要注意です。

ですが、そもそも荒れないようにしておきたいですよね。
日常でできる唇荒れを治す、基本ケアを見直してみましょう!

唇の荒れを治す!見直すべき正しいケア

こまめな保湿をする

唇を保湿する際、保湿効果の高いワセリンを使用したり、刺激の少ない保湿剤などを使うとようにしましょう。

唇へのダメージが少なく、水分が蒸発しないよう守ってくれます。
唾や水では保湿力がなく、かえって乾燥してしまいます。油分が含まれていて保湿効果のあるリップクリームや保湿剤を使用して下さいね。

リップメイクはしっかり落とす

リップメイクはしっかり落としましょう。

ポイントメイクを落とすことに特化した、ポイントメイクリムーバーなどを使うことで、強くこすらず短時間で落とすことができます。

リップ下地を使ってみる

口紅を塗る前にリップを塗ると油分で口紅が浮いてしまう…という方はリップ下地がおすすめ。

口紅に影響を与えずに、保湿力を高めて唇を乾燥から守ることができますよ。リップの色持ちがよくなることもあるんだとか。

特に口紅を塗ると縦シワが入ってしまう、口紅を塗るときに唇がかさついていてムラができてしまう場合は取り入れてみてくださいね。

合わないコスメは使わない

合わないコスメを使い続けると、唇はどんどん荒れてしまいます。慣れることは基本的にありません。

使っていて違和感があるものや、荒れるようなものは使わないようにしてくださいね。
また、唇はデリケートな部位ですので、リップ用コスメ以外は使わないようにするとよいでしょう。

乾燥しがちなティントはお休みする

ティントリップは発色や色持ちが良い半面、唇が乾燥しやすいんです。

唇の荒れが気になるようであれば、ティントリップを使うのを控えてみましょう。

UVカットのリップクリームを使う

日焼けによって唇が乾燥することがあります。

UVカット効果を含んだリップクリームを使用することで、唇を日焼けから守ることができますよ。

栄養バランスを見直してみる

食生活の乱れなどに思い当たる節がある方は、献立などを見直してみてはいかがでしょうか。

ご自宅で食事する機会を増やし栄養バランスを見直すことで、唇だけでなく、お肌にも良い影響が生まれる可能性があります。

唇用パックをする

たっぷりの潤いを与える、唇専用のパックが販売されています。

また、ワセリンやはちみつを塗って上からラップで覆うだけの簡単パックもおすすめ。
普段からこまめにリップを塗っているのに乾燥する…と言う場合は、パックで唇に水分を補給してみましょう!

リップスクラブを使う

唇の古い角質を落とす専用のスクラブです。

古い角質を落とすことで、ターンオーバーした唇の皮が剥けて荒れて見えてしまうことを防げるかも。
ただし、頻繁にやりすぎると唇を守るために必要な皮膚まで剥がしてしまうことになるので要注意です。
使用していて痛みがある場合は使わないようにしてくださいね。

まとめ

唇が荒れていると痛みが辛く、テンションも下がってしまいますよね。

まずは唇の基礎ケアを見直して、唇荒れの原因をなくしていきましょう!
唇は皮膚が薄いため、コスメの合う合わないも結構多いもの。荒れ始めた時期と、新しいコスメの時期が重なっていたら一度使用をやめてみてくださいね。

それでも治らない場合は、セルフケアでカバーできないことが原因かもしれません。
保湿をしているのに治らない、長期間唇が荒れている場合は皮膚科で相談してみましょう。