栄養失調とは?

栄養失調と聞くと、日本国内では食べ物に困っていた戦時中の飢餓のイメージを持たれる方が多く、現代の日本では無縁の印象が強いようです。

この記事を読んでいる方は「食に困らない現代で、栄養失調になんてならない」と思っているかと思いますが、栄養失調とはどのような状態なのかをしっかりと把握している方はそう多くないのではないでしょうか?

栄養失調の原因

■摂取不足による低栄養
栄養失調の原因として「低栄養」という原因が代表的です。

エネルギーやタンパク質などが不足し、身体を維持するために必要な栄養がない状態を指します。

■消化障害による栄養失調
胃や十二指腸など、消化器官の不具合によって栄養が正しく体内に取り入れられていない場合に起こる栄養失調の原因です。

栄養失調の症状

■体重が落ちる・痩せる
栄養が足らないことで体系の維持が難しくなり、体重が減少している状態です。

今ある筋肉や脂肪をエネルギーに変えようと体内が働くので体重の減少に繋がります。
食欲があるのに体重が落ちる場合は別の病気の可能性もあります。

■皮膚の炎症
「体重が落ちる=筋肉や脂肪の減少」です。
栄養失調により皮膚の機能が損なわれ、炎症の起こりやすい皮膚の状態になってしまいます。

身体を維持するために必要な筋肉量と体脂肪が不足している状態になることで起こります。

■免疫力の低下
栄養失調の場合、身体の維持に必要なビタミンも不足していることが多く、免疫力を高めるビタミンCや皮膚や粘膜の維持に必要なビタミンAといった重要な栄養素が不足しがちです。

その結果、免疫力が下がり、様々な病気にかかりやすい状態になります。

その他、「毛髪の劣化」や「傷の回復の劣化」など、人間本来備わっている機能が減退し、生命を維持するための最低限の機能を維持できなくなるという症状が起こります。

新型栄養失調とは?

食べ物に不自由しない現代の日本で、実は今、新たな原因で栄養失調を起こす方々が増えています。

やっかいなことに、この栄養失調はしっかりと毎日三食食べていても起こります。

単なる栄養失調ではなく「新型栄養失調」または「現代型栄養失調」と呼ばれ、偏った食生活により、特定の栄養が不足してしまう場合に起こる栄養失調です。

「偏食」による栄養の偏りは、カロリー自体は摂取できているのに、ビタミンやミネラルといった特定の栄養が不足している場合に新型栄養失調になってしまうケースがあるのです。

例えば、肉だけを毎日食べ続けるという偏食は栄養の偏りに直結し、新型栄養失調になってしまう方が実際にいらっしゃいます。

新型栄養失調の原因

■ビタミン不足
ビタミンAやビタミンB1は野菜や豆類といったものに多く含まれ、昔の食卓に多く出ていたものが減少していく現状、不足しやすい栄養素となってしまいました。

レトルト食品が多く普及した現代の課題ともいえます。

■ミネラル不足
ミネラルは身体の中で合成することができず、食事から摂取するしかない栄養素です。

身体の調子を整えてくれるミネラルが不足すると貧血や欠乏症、骨粗鬆症など、多くの病気を引き起こしてしまいます。

新型栄養失調にならないためには?

「栄養バランスの良い食事」新型栄養失調にならないためにはこれに尽きます。

女性に多いケースでは、ダイエットのために食事を抜いてしまう・ほとんど何も食べないといった偏りは栄養不足になりがちです。

中高年においては、レトルト食品に頼り切りになった結果、メタボなのに新型栄養失調だったというケースも報告されています。

共通しているのは、食事のバランスが崩れてしまっていることです。サプリメントで栄養だけを補給しても新型栄養失調になってしまったなんてことも耳にします。

しかし、バランスの良い食事を心がけることで、新型栄養失調は回避できる問題なのです。

ではバランスの良い食事とはどういった食事を指すのでしょうか?

新型栄養失調にならないバランスの良い食事とは?

ーー
厚生労働省・日本人の食事摂取基準(2020年版)によると「エネルギー」「タンパク質」「脂質」「炭水化物」「ビタミン」「ミネラル」の摂取基準を儲け、年齢別・性別、妊婦や乳児・高齢者など、それぞれに基準を儲け、見合った食事摂取が推奨されています。
ーー

参考:日本人の食事摂取基準(2020 年版)

また、厚生労働省「食生活指針について」では、下記が推奨されています。

ーー
主食(米、パン等)、主菜(魚や肉等)、副菜(野菜を使った料理等)を基本に、食事のバランスを取り、穀類をしっかりととること。

野菜、果物、牛乳・乳製品、豆類、魚なども組み合わせて、ビタミン・ミネラル・食物繊維・カルシウムを摂取すること。
ーー

参考:食生活指針について |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

食生活指針に準ずることで、バランスの良い食事ができているといえるでしょう。

まとめ

現代病ともいえる新型栄養失調。レトルト食品やコンビニ等は便利な半面、栄養バランスを崩してしまいがちになってしまいます。

全く利用しないなんてことは現実的ではないと思いますし、週に何度かであれば新型栄養失調にかかる可能性も低いでしょう。

月に何度か、毎日の食事を見直してみると良いかもしれませんね。